ダイエットに最適!糖質ゼロ&減塩のさつま揚げ。

寒くなってくると、おでんが食べたくなりますね。

でも、練り物って糖質高めなものが多いのです。

その理由は、練り物には

  • 片栗粉
  • 砂糖

という糖質の高い2つの材料が使われるものだからです。

そこで今回は、練り物の中でも一番簡単にできる

  • さつま揚げ

を低糖質&減塩にして、手作りすることにしました。

スポンサーリンク

低糖質&減塩さつま揚げ材料

用意するのは

  1. 白身魚
  2. 塩=白身魚に対して2%以下

の2つだけ!

1.白身魚をカット、塩入れて、フープロを回す

私が用意した魚はコストコで見つけた白身魚です。

Dover Soleと書いてありまして、アメリカ東海岸でとれるカレイで、切り身になって売られていました。

この白身魚を包丁でカットして、フープロに投入します。

さらに、白身魚に対して2%以下の重さ分の塩も入れます。

わが家は減塩したいので、1%にしました。

フープロを1分くらい回すと、こんな感じになります。

イワシのつみれ程度の細かさです。

ここで、さらにキメの細かいさつま揚げにしたければ、すり鉢でゴリゴリします。

今回は、朝食ということもあり、すり鉢は省略です。

2.低温150℃で5分揚げる

あとは、油で揚げるだけです。

低めの温度(150℃くらい?)で5分くらい、じっくり揚げます。

低温で揚げると、表面が焦げてないさつま揚げができます。

さつま揚げの完成

完成したのがこちらです。

生姜醤油でいただきました。

あまったら真空パック

今回は全部で23個もさつま揚げができました

あまったものは真空パックして、冷凍保存です。

小分けにして冷凍しておけば、お弁用のおかずにもなります。

さいごに

カレイは糖質がゼロのものが多いので、今回はカレイを使いましたが、他の白身魚であっても、糖質はかなり低いと思います。

また、フープロがない場合は、包丁で細かく切って、すり鉢でゴリゴリという手もあります。

フープロもすり鉢もなければ、包丁で細かく切ってから、包丁で叩くのもありだと思います。

イワシのつみれ程度の細かさでも、十分美味しくできます(^_^)v

さつま揚げにトッピングを追加すると、さらに美味しくなります。

低糖質なものとしては、

  • ネギ
  • 生姜
  • 紅しょうが
  • 干し椎茸を戻したもの
  • 桜えび
  • きくらげ
  • イカ
  • エビ
  • タコ
  • ちりめんじゃこ(塩分に注意)

などがあります。

今回、揚げる油は、不飽和脂肪酸のアボカドオイルを使いました。

揚げる油の温度は、150℃で5分程度にすると、魚の色がそのまま残ります。

茶色いさつま揚げがいい場合は、180℃で揚げると茶色くなると思います。

食べ方は、出来たてを生姜醤油でいただくのが美味しいですが、おでんの他、お鍋の具、スープの具にも使えます。

さつま揚げはフープロがあれば、あっという間に完成します。

低糖質なうえに、減塩にもなるさつま揚げをぜひ、作ってみてくださいねー♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク