サラリーマンの夫、50代でリタイア予定。資産運用と何をしましょうか。

新しい週のはじまりですね!

私は、専業主婦なうえに

今、夫が留守なので

曜日の感覚がなくなってきています(^_^;)

とにかく、朝起きて犬と散歩へ行き、

あとは、好きなものを食べて

好きなことをして過ごす。

贅沢といえば贅沢ですが

私としては、ボケないかと心配(笑)

スポンサーリンク

50代で人生スローダウンなわけ

ところで、昨日のブログの最後に

ちょこっと書きましたが

夫がアーリーリタイアを計画しています。

早ければ4年後の50歳、

遅くとも9年後の55歳までには

今の仕事をやめて

のんびりとした暮らしに

シフトしたいと思っています。

理由は、

に書きましたが

50代にもなると

あちこち海外へ出張しながら

仕事を続けるのは

体力的にも辛くなるから。

今も出張中ですが

飛行機での移動に時差ボケは

年齢を重ねるごとに

体力を消耗するように思います。

50代を見据えて、40代は資金運用を学ぶ

リタイア後ですが

ただ目的もなく

のんびりするだけの暮らしを

するつもりはありません。

50歳でリタイアしても

そこから40年以上時間があります。

40年ものんびりなんて

いくらなんでも暇すぎます(笑)

そこで、まずは

それまで貯めたお金を上手に投資して

インフレ以上に増やしていくこと。

これを一番に考えます。

これまでも、

このブログに書いてきましたが

世の中はAI化がすすんでいます。

そのため、

AIを駆使してお金を増やすことを

考えてくれる技術者。

その技術者をたくさんかかえている会社が

今後、私たちのお金を増やしてくれる会社です。

少し前にNHKで

AIについての特集がありました。

野村證券は昨年からAIを取り入れ

株価の予想をAIによってはじきだす

という実験をはじめました。

今年、そのシステムを

富士通が提供し、

実用化を目指しています。

これは私の個人的な意見ですが

AIは早くはじめればはじめるだけ

質が上がります。

理由は、AIは過去の失敗や成功から

学ぶからです。

ですから、

このようなAI化に関する情報は

可能な限り自分の頭の中に蓄積すること。

そして、今後、何に投資をするべきかを

決める材料として活用するつもりです。

リタイア後はパートタイムの仕事を探す

お金を増やすことの次に、

夫が、心身ともに無理せず

週に2、3日働けばいいような

仕事があればいいなと思っています。

これは、いわるるセミリタイアと

呼ばれるものです。

私がアメリカで

友人や知人からよく聞くのは

今働いている会社でそのまま、

勤務時間を半分、給料も半分に

してもらうというもの。

ただ、日本もそうだと思いますが

アメリカでも、最近は

年寄りを雇ってくれる会社というのは

そう、多くありません。

そこで、条件が悪くなければ

海外へ移動することも考えています。

私はアジア大好きなので

アジアのどこかだったらいいな

なんて思っております(´∀`*)

夫は、今まで自分が学んできたこと、

それを誰かに教えたいと話しています。

であれば、収入に関係なく

教えることができる仕事を

アジアで探すこともできますね。

リタイア後はボランティアを探す

あるいは、ボランティアもいいですね。

日本ではシニアができるボランティは

で探せます。

40歳以上がシニア扱いです(^_^;)

人生でもらえる最高の年収は

50歳前後といわれています。

どちらにしても給料が減るなら、

こういったボランティアに参加する

という手もあります。

リタイア後はオンライン講師になる

これは昨日、ブログを書いたあとに

思いついたことです。

教えたい人と学びたい人を

結びつけるサービス

  • 世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

を利用すれば、

オンライン講座を作ることができます。

Udemyを利用して

夫は教える側になることも可能です。

Udemyはインターネットさえつながれば

どこからでも利用可能ですから

今の生活を変えることなく

教えることができるようになります。

あるいは、夫のウェブサイトを作って

教えたいことを公開する

という方法もあります。

その場合は、

広告でお小遣い稼ぎをすることも

できますね。

さいごに

リタイアするのはいつか

それを決めるのは夫です。

そした、夫が決めたとき

お金、これだけしかないの?

とならないように

節約に貯金に投資に頑張ります♪

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク