面倒な家事は嫌。キッチンはマイクロファイバータオルだけでじゅうぶん。

海外生活が長くなると

日本で流行っていること

これがまったくわからなくなります。

そのため、私のブログは

ネタがふるっ!

昭和のセンス!

と思われることも多々あるかもしれませんが

そんなときは、なつかし~と思いながら

みていただけると嬉しいです(≧▽≦)

スポンサーリンク

初代マイクロファイバータオルは掃除用

さて、3年前から使っているマイクロファイバータオル。

最初は、お掃除用に買いました。

鏡や窓拭きにつかうと

すごく綺麗になりますね!

でも、それ以外の使い方があまり思いつかず

初代マイクロファイバーは

いまだに、鏡と窓拭き

あとは雑巾として使われているだけ。

2代目はキッチン用

それが、2代目マイクロファイバーを

キッチンで使うようにしました。

すぐに使えるよう

キッチンのシンク横に置いています。

必要な時に

ここから取って使います。

キッチンでの用途

キッチンでの用途は、

  • 水切りマット
  • ふきん
  • 台ふきん
  • 手拭きタオル

の4つ。

大物の食器類は

食器洗い乾燥機にお任せするとして。

それ以外の、ちょっとした洗い物のとき

マイクロファイバータオルを

水切りマット代わりに使ってしまいます。

写真のように、お箸、フォーク&ナイフ、

1人で食べたランチのお皿など。

そうすると、水切りマットも

水切りかごもいりません。

結果、調理スペースが広くなるのです。

水切りマットとして使ったあとは、

そのまま、ふきんとして。

ふきんとして使ったあとは

そのまま、台ふきんとして使います。

これは、

  • 水切りマット → ふきん → 台ふきん

のような流れです。

あとは、手拭きタオルとして使って

台ふきんという流れもあります。

こちらは

  • 手拭きタオル → 台ふきん

という流れです。

マイクロファイバータオルは1日使ったら終わりが基本

1枚のマイクロファイバータオルを使うのは

基本は1日、長くて2日。

使い終わったらランドリールームにある

専用のカゴに入れておいて

気づいたときに、洗濯機で洗うだけ。

マイクロファイバータオルは

本当はお湯で洗ってはいけないのだけど

私はぬるま湯に設定して洗ってます。

漂白したりすることなく

臭いや汚れは洗濯するだけで

じゅうぶん落ちます。

洗ったら、干して

乾いたら、またシンク横に置かれます。

使いやすいマイクロファイバータオルのサイズ

今使っている赤いマイクロファイバータオルは

12枚セットで1年前に買ったものですが

まだ6枚残っているので

年内に新しくしようとは思っています。

ちなみにお値段は12枚で14.50ドル。

1枚1ドルちょっとになります。

日本ではダイソーなんかへ行くと

もっと安いのがありそうですね。

マイクロファイバータオルのサイズは

すんごくたくさんあるけれど

いまのところ

  • 30cm x 30cm

が一番使いやすいです。

家事にネガティブな思考は持ち込まない

ところで、私は専業主婦なので

家事は一生続く仕事のようなもの。

だからネガティブな思考なしで

家事が気分よくできる工夫は大切。

マイクロファイバータオルの色に

赤を使っているのは元気が出る色だから。

他にも、鍋つかみや、ラグも赤を取り入れています。

若かったころは、白ばかり使っていたけれど、

それなりの年になると

色から元気をもらうことも必要かな、と。

あと、お金と時間と場所。

これもバランス良く使いたい。

だから、キッチンで使うタオル類を

すべてマイクロファイバータオルにすることで

次のようなことが可能に。

お金の節約

ふきん、台ふきん、水切りマット、手拭きタオル

が1枚約1ドルのマイクロファイバータオルだけで済む。

時間の節約

お手入れは洗濯機で洗うだけ。

漂白の必要なし。

場所の節約

タオルは小さいからどこにでも置けます。

今後も、お金、時間、場所の節約をしつつ

家事からネガティブなを取り除く作業は

続けていきたいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク