糖質制限中にであったスープに対する視点を変えてくれたレシピ本

今月は、夫の血糖値を調整するため糖質制限食に挑戦しています。

糖質制限食をはじめて20日以上経ちますが、夫の血糖値はぐんぐん下がり、ほぼ、正常値になりました\(^o^)/

現在は少しずつ元の食生活に戻していまして、でも、以前と違うのは、

  • 毎日タンパク質を摂取する(以前は炭水化物が多かったので)
  • 飽和脂肪酸の摂取を減らす(不飽和脂肪酸は今まで通り)
  • 甘いものは食べない(特に砂糖を含んだものは食べないように)
  • アルコールは週末のみ(できるだけ蒸留酒)
  • 減塩

という点。

あとは、今まで通り、一般的にバランスが良いと言われているような食生活で、健康体を目指します!

スポンサーリンク

糖質制限レシピとの出会い

ところで今回、糖質制限食を作ったことで、とても良い発見がありました。

それは、

という本と出合えたこと!

恥ずかしながら、私のスープのレパートリー、すごく少ないのです(^_^;)

なのに、糖質を少しでも少なくしようとすると、お味噌が使えません。

それは麹を含んでいるからなのですが、私が普段使っているお味噌は、大豆10に対して、麹が8。

白味噌になると、大豆10に対して、麹が20以上もあります。

そんな理由で味噌汁はあまり使えないとなると、もともと少ないスープのレパートリーが、さらに少なくなってしまい、どうしたものかなぁと思っておりました。

ところが、この本で紹介されているスープは、なんと、「カップに材料を入れてお湯を注ぐだけ」というレシピからはじまっているのです。

カップスープじゃないんだから、そんなスープ、絶対美味しくないはず、と思いました。

でも、作ってみると、さっぱりだけど悪くないんです。

それに、だしパックやコンソメスープや鶏がらスープの素などを使わず、素材の旨味を使っているので、1つ1つ、味が違います。

そして、「お湯を注ぐだけ!」でもびっくりなのに、さらに「レンチンするだけ!」「ミキサーに入れるだけ!」と続き、やっと最後に、「作りおきスープベース」に「ごちそうスープ」となっていて、こちらは少し手間暇かかるレシピが紹介されています。

以前、脂肪燃焼スープでダイエットするのが流行ったと思うのですが、あの方法は、野菜、海藻類、きのこ類の摂取量は問題ないけれど、プロテインが不足しがちでした。

でも、このレシピ本のスープは、鮭のフレークを使ったり、ツナ缶を使ったりと、プロテインもしっかり摂れるというのが嬉しいです。

糖質制限中はもちろん、糖質制限中でなくても、専業主婦の手抜き料理として使えるので、とても重宝しています。

あとは、少しずつ暑さも和らいできたので、今年も「まいにち小鍋―――毎日おいしい10分レシピ」と「笠原将弘のやみつき極上なべ」の2冊を参考に、お鍋でもりもり栄養を補給していきたいと思っています(^_^)v

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク