境界型糖尿病(隠れ糖尿病)と夫の抵抗

前回「血液検査でアルブミン値からわかること、抜け毛の原因は低栄養から?」に書いた通り、私の栄養状態が良くないことがわかりました。

空腹時血糖値は問題なし

次に夫です。

まず、糖尿病の検査ですが、2017年4月の血液検査では、

  • 空腹時血糖値=92 mg/dl

なので問題ありませんでした。

食後血糖値に問題あり

でも、食後高血糖というものがあると知り、血糖値を測るキットを買って調べてみることにしたのです。

血糖値を調べるものには、血液から調べることができるものと、尿から調べることができるものがあります。

尿の方が簡単ですが、一定の血糖値以上にならないと尿には出ないということのようです。

やるなら正確な値の方が良いということで、血液で血糖値を測るものを使いました。

ところが夫、この血液を採取するのを、異常に嫌がるのです。

「仕事してるから」「あとで」「明日」「週末」と・・・。

仕方なく、唐揚げ弁当を食べた後に強制的に採取しました。

唐揚げ弁当は、白米200g+唐揚げというお弁当(^_^;)

白米200gの糖質は70gを少し超えるくらいなので、食後高血糖かどうかを調べるには悪くありません。

結果、夫の血糖値は、

  • 1時間後 183 mg/dl
  • 2時間後 157 mg/dl

私は

  • 1時間後 119 mg/dl
  • 2時間後 79 mg/dl

でした。

2時間後の血糖値が140 mg/dl以上だと、境界型糖尿病だと言われています。

夫は157 mg/dlなので、境界型糖尿病の疑いが_| ̄|○

境界型糖尿病とは、いわゆる隠れ糖尿病のことで、糖尿病の一歩手前の状態です。

HbA1cの値は境界型糖尿病!

その後、色々調べてHbA1cという値が糖尿病では目安になると知りました。

この検査も血液の採取が必要なのですが、またもや異常に嫌がる夫(^_^;)

仕方なく、また強制的に値を測ったところ、

  • 夫=6.4%
  • 私=4.9%

でした。

6.5%以上で糖尿病ですから、ギリギリ境界型糖尿病だけど、ほぼ糖尿病です_| ̄|○

糖尿病は合併症が怖い

私は「食事と生活習慣を変えないと、大変なことになる!」と言ったのですが、夫は、「そんなこと言われても長年の生活習慣はそんなに簡単に変えられない。今の生活のペースが気に入っているんだから」と言うではないですかっ。

だって、このままこの生活を続けていたら、今の生活ペースどころか、病気の治療で老後も治療費のために働かないといけなくなるかもしれないのです。

糖尿病の何が怖いって、それは合併症で、

  • 糖尿病になって0年  大血管障害(心筋梗塞、脳出血、脳梗塞)が健康な人の2~3倍に
  • 糖尿病になって3年後 末梢神経障害→手足のしびれ→壊疽→足切断
  • 糖尿病になって5年後 網膜症→失明
  • 糖尿病になって8年後 糖尿病性腎症→透析開始 5年以内に50%が死亡

のようになっています。

私は、夫がHbA1cの検査をした時点で、この情報を本などから得ていたので、

  • このまま放っておいたら、8年後に腎症になって、その5年後の生存率は50%だよ。腎症になる前に手足が壊疽して切断しなきゃならなくて、視力もどんどん低下して、糖尿病性腎症になったら好きなものは何も食べれない状態で死んでいくのを待つだけだよ

と言いました。

やっと納得してくれたようで、生活習慣を変えることに成功(^_^;)

スーパー糖質制限食を実行したらあっという間に正常値

その後、色々調べて読んで、まずは江部康二医師によるスーパー糖質制限食を実践することにしました。

(腎臓が悪い方はこの方法はできませんので、事前に正確な情報を得ることをおすすめします)

スーパー糖質制限食にして1週間が経ち、昨日は自宅で焼肉をたらふく食べて、さらにビールを1本飲みましたが、夫の血糖値は

  • 30分後 100 mg/dl
  • 1時間後 100 mg/dl
  • 2時間後 81 mg/dl

と良好です。

本当は、スーパー糖質制限食ではビールはダメで、ウイスキーや焼酎(蒸留酒)を飲まないといけませんが、頑張ったということで1本だけ飲みました。

このスーパー糖質制限食は、今後も続ける予定です。

そして、月に1回HbA1cの値を測定し、正常値になった時点で、食事の内容を変更することを考えています。

スーパー糖質制限食でコレステロール値の改善も狙ってます

ところで、夫の血液検査では、

  • コレステロール値
  • 善玉コレステロール値
  • 悪玉コレステロール値
  • 中性脂肪

において、すべて高い値が出ていました_| ̄|○

スーパー糖質制限食で、この値も改善されるのではと期待しています。

糖尿病の勉強をしたサイト、ブログ、本の紹介

最後に参考にしたサイトは以下の3つ

参考にした本は以下の2冊

参考にしている糖質オフの食事について

私はスーパー糖質制限食にする必要はないのですが、たんぱく質不足なので、現在は夫と一緒にスーパー糖質制限食を食べています。

今のところ、体調は良好です♪

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

フォローする

コメント

  1. もえぎ より:

    こんにちは。旦那様、心配ですね。
    糖質制限実践されてるとのこと、
    日々の献立も大変かと思います。
    とても熱心にされている様子が文面から伝わります。
    ご自身の体調にも無理なく、
    長く続けていけたらいいですね。
    ご紹介にあった糖質制限食の対談本も
    興味深く、早速ネットで購入してみました(^-^)
    日々の食生活改善のヒントにしたいと思います。

  2. スマイル より:

    前の記事のたんぱく摂取が少ない分析凄いです。私もご主人と同じで、脂質異常(旧・高脂血症)で通院してます。クレストールの内服をはじめました。禁酒とコレステロール値の高い食べ物を控えています。
    先日ボランティア先で糖尿病の方にお会いしました。インスリンを打って、医療費は年間ン十万円(保険使ってるのに)、糖尿病は歯周病になりやすくその歯科治療費用も高いらしいです。
    聞いていたら、医療費に使うより夫婦で旅行するほうが幸せだなー、と食事療法の励みにもなりました。
    食事療法一ヶ月HbA1cは6.1から5.6に下がりました。食欲も正常に。断食して消化管を休める日もあります。
    夫婦でいつまでも幸せで暮らしたいですよね。参考になる記事をいつもありがとうございます。

  3. もえぎさん、こんにちは(^^)

    スーパー糖質制限食は炭水化物を食べないことが基本なのでそんなに大変ではないのですが、食費が上がります!主食の代わりにおかずを追加するので、その分が割高(笑)糖質制限食の対談本の一番最後に、食べていいもの、食べないほうがいいものの一覧があるので、それを使うと便利ですよー。

  4. スマイルさん、こんにちは(#^.^#)

    食事療法一ヶ月でHbA1cが0.5%も下がったのですね!す、すごいです!うちの夫にも、年間ウン十万円の話しをして、モチベーションにしてもらいます(笑)スマイルさんもお大事になさってくださいね。