夫婦の絆って、お互いを支え合うことで生まれるのかも

何にストレスを感じるかは、人によって違うと思います。

例えば、引っ越しはストレスを感じる人が多いと言われているイベントですが、私はあまりストレスを感じたことはありません。

確かに、家の中の物を整理したり、箱に詰めたり、引っ越しの作業そのものは重労働ですが、それよりも、新しい土地での暮らしを楽しみにする気持ちの方が強いのです。

昨年、夫が転職をしました。

転職もストレスを感じる人が多いイベントの1つのようです。

でも、夫いわく、新しい仕事はやり甲斐があって楽しいと話していて、ストレスを感じているようには見えませんでした。

夫も私と同じで、ストレスを感じるポイントが違うのかな、そんな風に思っていました。

ところが、身体って正直です。

夫は普段、活動量を計測する腕時計をつけていて、安静時の脈拍数や睡眠時間などを記録しています。

3週間ほど前、新しいプロジェクトをスタートさせるために、打ち合わせの日々になりました。

すると、安静時の脈拍数がどんどん増え、なんと1週間で10ほども上がってしまったのです。

安静時とは、身体を動かしていないときの状態で、寝ているときも、仕事をしているときでも人と話しをせず黙々と作業しているような時も含まれます。

そのどちらの状態でも、身体に力が入ったり、無意識に呼吸が止まったりということだと思います。

つまり、口ではストレスはないと話している夫ですが、それなりにストレスは感じている、ということのようです。

ただ、今のところ、プロジェクトがスタートしてしまえば、そのストレスがなくなることはわかっているので心配はしていませんが、さらに脈拍数が増えたり、プロジェクトがスタートしても脈拍数がもとに戻らないようであれば、今後何かしらの対策を打つ必要がでてくるかもしれません。

そんなわけで、私なりに夫のストレスを少なくする方法はないものかと考えはじめました。

これは昔からですが、いつも夫に言っていることは、

  • 仕事嫌になったらいつでも辞めていいんだよ

ということ。

健康でなくなったら仕事どころではなくなるのですから、夫にとって心身ともに負担の大きすぎる仕事であれば、いつ、辞めてもらっても構いません。

それに、病気になってから辞められた方が大変ですよね。

でも、夫が仕事をしなくなったら、当然、生活費がなくなります。

そのため、今は専業主婦ですが、いざとなったらいつでもお金を稼げるような準備はしておきたいと思っています。

最近は、ネットを利用すれば専業主婦でもすぐにお金を稼げます。

私の場合は、やはりブログです。

以前はブログでお金を稼ぐなんて、特別な才能のある人だと思っていました。

でも、このブログを1年以上運用してきてわかったのは、テーマを決めてコツコツと書き続けること、これこそが大切なのだとわかりました。

このブログは子供がいない女性を対象に書いていますが、リアル友活のために書いているブログも、少しずつ収入が発生してきています。

他には、このブログの運営をすることで、ブログ構築のノウハウもたまってきました。

クラウドソーシングサービスを利用して、ブログ構築の仕事を受注できるかもしれません。

また、夫は学生時代にプログラマーのアルバイトをしていたので、仕事を辞めたら夫婦でブログ構築を仕事にすることも可能です。

あるいは、夫婦でキャンピングカーでアメリカを旅しながらブログを書いて稼ぐなんてこともできるかもしれません。

長いこと夫婦を続けていれば、それぞれ色々なタイミングで元気が出たり出なかったりするものです。

3年前、私の元気がなくなったとき、夫は夫なりに一生懸命支えてくれました。

だから、夫がもうダメだ・・・(ToT)となったとき、今度は私が頑張る番です。

なんか、取りとめのない内容になってしまったけれど。

こんな風に支え合うことの繰り返しで、夫婦の絆は強くなるのかも。

そんな風に思いました。

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ルールー より:

    同感です!同感です!
    私も夫にいつも
    健康と毎日を楽しめることが大事。
    それ以外に大事なものはない、
    って言ってます。
    本当にそう思います。

  2. スマイル より:

    はじめまして、こんばんは。私も40代で小なしです。親が離婚している過去もあり、
    主人は血は繋がっていないですが、大事な家族とありがたく思います。

    45才くらいから人間関係変わるかも?と言う記事、うなずきながら読みました。

    自分の周りにいました。

    旦那の愚痴(浮気をしたわけでもなく、大企業サラリーマンの奥さんで専業主婦なのに不平不満ばかり)・子どもの自慢(旦那には冷たいのに、息子は溺愛。)

    私には「旦那は最低でも子どもは良いよ~」「子ども産まないの?割り切ってるのね~」と言いたい放題。

    共通の知人もおり長年我慢してましたが、もう、一生会わなくていいや、と割り切りました。

    今後も、ちょいちょい過去記事読ませて頂きます。気がらくになりました。ありがとうございます。

  3. ルールーさん、こんにちは!

    ほんと、健康で毎日楽しめることができれば、これ以上の幸せはないですね!

  4. スマイルさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

    子供はその最低な旦那の遺伝子を受け継いでいることを忘れてしまったのでしょうか(TT)こちらの思いを知ろうともせず、一方的に言いたいことを言うような方とは、距離を置くのが正解ですね!