老後の不安の解消法、それはお金にお金を稼いでもらうこと

お金を増やしたいときにできることは、

  • 収入を増やす
  • 節約する

の2つですが、あともう1つあって、それは

  • お金にお金を稼いでもらう

ということ。

これは、いわゆる

  • 不労所得

です。

私は、老後を不安なく過ごすためには、不労所得を増やすことが一番肝心と考えています。

今回は、その不労所得について書こうと思います。

スポンサーリンク

 100万円を持っている人が年に5万円使う場合

不労所得がなぜ肝心か。

それは次に説明するようなことがあるからです。

例えば、ここに100万円あります。

年に5万円使えば、

  • 5万円×20年=100万円

で20年でなくなります。

しかし、100万円を5%の利回りで運用できれば、

  • 100万円×5%=5万円

で元手100万円で永遠に年に5万円を得ることができます。

100万円は永遠になくなりません。

さらに毎年5万円が得られる。

これが、不労所得のすごいところです。

利回りは3%から7%辺りを狙う

では、この100万円はどうやって貯めるのでしょうか。

答えは、地道に貯めるしかありません。

もし、瞬間で100万円貯まる方法があれば、私も教えて欲しいくらいです。

ただ、一度100万円貯まったら、それを利用して効率良く増やしていくことを考えます。

ここで、決して「100万円貯まったら何に使おう?」とは考えません。

100万円をどう運用するかを考えます。

利回りが10%を超えることを謳っているものには手を出しません。

リスクが高いことに加えて、運用のために時間が取られて不労にならないからです。

私の経験からでは、5%前後が妥当です。

最低3%から、多くて7%くらいまでの実績があるものを狙います。

現在私が投資をしている中で、3%以上の利回りを確保しているのは、

  • ロボアドバイザーによる投資
  • ファイナンシャル・プランナーさんへ依頼してしているもの
  • 不動産投資

の3つです。

私はアメリカに住んでいるので、ロボアドバイザーによる投資はBettermentを利用していますが、少し前に200万円(1ドル100円で計算しています)を追加しましたが、1週間で約0.5%(正確には16,600円)増えました。

2年前に100万円からスタートしたものは、月々2万5千円を積立しつつ、20万円以上増えています。

アメリカは今後も人口が増えることが見込まれており、トランプ大統領の中間選挙前までは、このままいくのではと私は思っています。

日本でもロボアドバイザーの投資は色々出ているようですが、Bettermentと似たものでは、ウェルスナビとテオがあります。

このいずれかを利用するのは得策だと考えます。

また、5年以上3%で安定している不動産投資もおすすめです。

不動産投資に関しては、また別の機会に書きたいと思いますが、ハイリスクの投資に分類されますので、注意が必要です。

運用して得られたお金の使いみち

次に、100万円を貯めて、運用して得られた5万円を自分に投資します。

決して100万円を使って自分に投資をしてはいけません。

自己投資は、

  • 投資について勉強する
  • 不労所得について勉強する
  • 資格を取る
  • 本を読む
  • 未経験のことに挑戦する

のようになんても構いません。

私自身は、新しいものが大好きなので、新しく出たガジェットを買ったり、新しい技術を勉強したりと、とにかく新しいものを知ることにお金を使ってきました。

過去、高いお金を払って専門学校へ行ったこともありますし、資格を取るために本を買って勉強もしてきました。

これを繰り返しているとどうなるかというと、大抵、収入が増えます。

収入が増えると、当然貯金も増えます。

貯金が増えると、不労所得も増えます。

お金が増えるスパイラルを作り出すことができるのです。

こうなると、老後は安泰といっても過言ではありません。

さいごに

100万円であれば、年に5万円ですが、

  • 500万円だと年に25万円
  • 1000万円だと年に50万円
  • 2000万円だと年に100万円
  • 3000万円だと年に150万円

になります。

100万円だと、主婦のお小遣いの足しくらいですが、3000万円になると、贅沢しなければ、人が1人暮らしていけます。

老後破綻したくなければ、目標は3000万円と、安定して5%の利回りを確保すればいいということになります。

老後の暮らしに入るまでに、貯金を増やすのと同時に、安定した不労所得をいかに増やしておくかがポイントです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さくら より:

    ラムレーズンさんおはようございます
    (・ω・)ノ

    日本では、投資をしている人の
    割合は20%弱だそうです。
    我が家はほんの少しだけ投資を
    しています。とは言っても流行?の
    株主優待を楽しんでいる程度です。
    あとは、iDECOですね。
    銀行の超~~低金利では、、、
    預けていても増えない!(+o+)
    アメリカでは、投資はメジャーな
    ことですか?

  2. さくらさん、こんにちはー。こちらも銀行は超低金利です(TT)銀行にお金を置いておくと、銀行からもったいないと言われるくらいです(^_^;)アメリカでは貧富の差が激しい国なので、なんとも言えませんが、アメリカ人の半分はそもそも貯金ゼロだと言われています。なので、投資をしている人の%は日本とそんなに変わらないのかもしれません。ただ、投資に対しての考え方は日本と比べると少しアグレッシブのような気はしますよー。