毎日3食しっかり食べてもダイエットはできる、もっと早く知っていれば

夫婦の間だけですが、

  • 美味しいものを食べながら死ねるのなら、むしろ本望!

とよく言っていました。

そして、脂ギトギトのお肉にビールを飲みながら、

  • 幸せ~♪

と。

毎年健康診断をして多少悪い結果が出ても、数字がズラッと並んでいるだけで、まったく実感がなく。

でも、いざ、実際に身体に何かが起こると、人って変わるものですね。

今回は、今、改善しているあれこれについて書こうと思います。

スポンサーリンク

ランチはお弁当へ

以前、ランチは適当でした(^_^;)

夫は職場で適当に、私は自宅で適当に。

だから、夫が毎日ランチで何を食べているかなんて知らなかったのです。

でも、よくよく聞いてみると、夫なりに痩せようとは思っていたようで、ランチバーというのでしょうか、あれを1本とか、忙しいときはランチ抜き。

そのせいで、夕飯はどか食い+甘いものになっていたようです。

これを、ランチを和食弁当に変えたら、なんと、夕食のどか食いが減りました。

さらに、甘いものを欲する気持ちも減ったのです。

ご飯を3食きっちり食べるのは、気持ちも満足するものなのだ、と思ったのでした。

平日は糖尿病の方向けのレシピを使う

次に、糖尿病と診断されたわけではないのですが、糖質は少ない方が身体に良いだろうということで、糖尿病の人用の食事を勉強しています。

使っているのは「関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ」です。

糖尿病の方向けのレシピなので、糖質はもちろん、それによってカロリー、脂質、塩分、全部少なめ。

入院したことのある方なら経験があるかと思いますが、病院の食事にそっくりです(笑)

同じようなレシピ本で、タニタの本がありますが、あの本と比べたら献立例もあるし、現実的なレシピだし、そもそも、レシピの数が豊富。

これは使わない手はありません!

でも、気になるのは、栄養のバランスです。

私は、健康にダイエットをするためのサイト「あすけん」を使っているので、毎日食べたものを入力して、栄養バランスを確認しています。

1週間単位で足りない栄養素を確認して、翌週のレシピに組み込むようにしています。

たぶん、これで大丈夫だと思います。

わたしなりの工夫

糖尿病の方向けのレシピを実行するのとは別に、これは身体に良さそうかもということをはじめています。

まず、使う油をすべてサラダ油からアボカド油へ変更しました。

これは、ダイエットの「あすけん」でいつもチェックされる、飽和脂肪酸を減らすためです。

以前から、オリーブオイルは使っていたのですが、すべての油をオリーブオイルにすると、どうも私の体質に合わないようで、吹き出物が出てしまうのです。

そこで、アボカド油にしました。

今のところ、調子はよいです(^_^)v

さらに、アボカド油にしたけれど、油はできるだけ使わないようにしたいということで、

  • 炒める→レンチンまたは蒸す

ようにしました。

先日、麻婆茄子を作ったときも、茄子を油で揚げず、少しお酒を降ってレンチン。

お肉は、脂肪分の少ないひき肉を使ってレンチン。

味付けの、ショウガ、ニンニク、甜麺醤などの部分だけフライパンで炒めて、あとは和えるだけです。

炒めるときよりさっぱり味ですが、美味しさはそんなに変わらないように感じます。

あと、糖尿病の本で、食品には、単糖のものと多糖のものがあり、単糖の食品は血糖値が急上昇するということで、砂糖は極力使わないようにしました。

甘みを追加したい場合は、本みりんをそのままか、煮きってから使うようにしました。

また、血糖をあげないためには酢の物が良いというのを読み、塩酢玉ねぎを作りました。

材料は

  • スライスした玉ねぎ1個
  • お酢
  • 塩少々

です。

スライスした玉ねぎを容器に入れ、玉ねぎがひたひたになるところまでお酢を入れ、最後に塩を少々入れます。

これを夕飯の前に、お漬物のように食べてます。

玉ねぎと一緒にお酢も一緒に飲んじゃいます!

美味しいものではないけれど、血液さらさらになってくれればいいなと思っています。

さいごに

夫の体重は順調に減っています。

私の体重も、本当に少しずつですが、減っています。

このまま、少しずつ、少しずつ、食生活を改善して、健康を維持したいと思います(^_^)v

スポンサーリンク