夫婦二人暮らしのおうちご飯「火鍋」

毎週金曜日は、夫への「1週間お疲れ様でした!」という気持ちと、「1週間ダイエットご飯頑張った!」の意味を込めて、できたて熱々のレシピにビールと決めています(^_^)v

そのできたて熱々のレシピとは、冬はお鍋、夏はホットプレートを使ったもの。

お鍋は煮るだけ、ホットプレートは焼くだけなので、主婦にとっては楽ちんでもありますが、夏のホットプレートのメニューが毎週となるとネタ切れぎみで・・・。

最近は、夏でもお鍋を食べるようになってしまいました(^_^;)

そこで今回は、夏に汗をかきかき食べると美味しい、火鍋について書きたいと思います。

スポンサーリンク

 人生初の火鍋は

私が火鍋とであったのは、かれこれ15年以上前のことでした。

当時の夫は、台湾へ出張することが年に何度もあり、私は日程があうと一緒に台湾を訪れていたのです。

たしか3回目くらいの台湾旅行だったと思います。

夜、「何を食べようかー」と夫と街をウロウロしていたら、行列のできているお店がいくつかありました。

お店の目の前にいってみると、台湾の難しい漢字を使った「火鍋」の文字がありました。

夫が、「火鍋台湾で人気らしいよー」と言っていたので、「じゃぁ入ってみる?」と入ったのが人生初の火鍋の経験。

そのとき食べたのは、白い鍋と辛い鍋の2種類が、1つの鍋の中でわかれているものでした。

よくわからず食べようとする私たちに、お隣に座ったカップルが「これをつけて食べるんだよ!」と教えてくれたのが、

  • 生卵
  • にんにくのすりおろし

でした。

今まで経験したことのない美味しさで、「また食べたい!」と思ったのでした。

火鍋用の香辛料セットを見つける

ところが、日本でも火鍋を食べようと色々探したのですが、当時は火鍋のお店はなく、作り方もあちこち探したけれど見つからずでした。

それから食べることができないまま年月は過ぎ。

10年前、渡米してしばらく経ったある日、中国系の食品スーパーをうろうろしていると、火鍋という文字が目に入ったのです。

10cm四方ほどの透明な袋に、香辛料がいくつも入っていて、火鍋、羊、素の3個の文字が書かれています。

作り方は夫に中国語を解読してもらい、書かれている通りに作ってみました。

といっても、鶏ガラスープを作って、そのスープに売られていた香辛料を入れ、グツグツ煮るだけ。

このとき完成した火鍋は辛くなく、どちらかというと薬膳鍋のような感じでした。

でも、台湾で食べた辛くない方の火鍋の味にそっくりで、夫婦で感動しながら食べたのでした。

それ以来、その中国系スーパーへ行くたびに火鍋の素を研究するようになりました。

インスタント火鍋の素

しばらくすると、インスタントの火鍋の素がお店に並ぶようになりました。

今から7、8年前のことです。

四川火鍋、重慶火鍋、海鮮火鍋などです。

夫は辛い火鍋を食べたがっていたので、重慶火鍋の素を買いました。

重慶料理といえば、とんがらしの辛さに花椒が加わります。

食べるとすぐに舌が麻痺して、味覚がなくなるのです。

夫は、仕事で何度も中国の重慶へ行き、花椒の味に慣れていたので、美味しい、美味しいと言って食べていました。

私はというと、どうにも花椒を乗り越えることができず、途中で食べるのを放棄しました(^_^;)

その後、四川火鍋の素を食べてみたのですが、本場の味なのだと思うのですが、激辛すぎて断念。

結局また、香辛料の素のパックを買ってきて作るようになりました。

現在、一番のお気に入りの火鍋の素

5年前、今の街に引っ越したら、なんと、火鍋のお店、

  • 小肥羊(しゃおふぇいやん)

がありました。

大喜びしながら夫と何度も食べに行きましたが、でも実は、その頃には小肥羊ブランドの火鍋の素がお店に並んでいたので、お店に行かなくても自宅で楽しめたのです。

ただ、市販されている小肥羊の火鍋の素は化学調味料がかなり強いので、お店で食べる方が自然な味がして美味しく感じます。

そして最近、一番のお気に入りはこちら!

これ、辛いです!

辛いけど、美味しいのです。

これを、100ccの脂で炒めてから、お湯を追加します。

つまり、脂ギトギトです。

このシリーズで重慶火鍋もあるんですが、知人が家の中で炒めたら、火災警報器が鳴ったと言ってました。

うちは、夫に庭で炒めてもらってから、家の中に持ち込んでもらってます。

そんな思いをしてでも食べたい火鍋(笑)

ちなみに、楽天で探してみたら、写真のものは、1店舗だけ売ってました。

「白家四川火鍋底料」で検索すると出てきます。

これ以外にもたくさん火鍋の素があるので、興味のあるかたはぜひ!

自分で作るという手もあり

火鍋の素を使わずに火鍋を作ることもできると思います。

だいぶ前に「笠原将弘のやみつき極上なべ」というレシピ本を買いまして、この中に「笠原流ラー油鍋」というレシピがあります。

実はこれ、火鍋のような味がするのかと思ったのですが、残念ながら火鍋風ではありませんでした。

キムチ鍋風の方が近い感じです。

美味しいですけどね!

四川火鍋でぐぐってみると、こちらが良さそうです。

家の中が臭くなるので、窓全開で作ることをおすすめします。

火鍋のことを書いていたら、火鍋が食べたくなってきました。

今週末は、火鍋にしようと思います(笑)

スポンサーリンク

コメント

  1. もえぎ より:

    こんにちは。ラムレーズンさん。
    火鍋、美味しそうですね(^O^)
    そんなに部屋がモクモクになるのは、
    確かにちょっと怖いかも(笑)。

    日本でもかなり昔に火鍋が流行って、
    銀座に沢山お店がありました。
    私は当時豚肉が苦手で、誘われても行けず、
    後日、薬膳火鍋のお店で火鍋が食べたくて、
    子供の頃からの食わず嫌いを克服したんです。
    食い意地が役に立つこともありました(^w^)

    ご夫婦でフライデーナイト
    楽しんでいて素敵です!(*^-^*)

    • もえぎさん、こんにちは(^^)

      火鍋で豚肉嫌いを克服するなんてー。でも、薬膳火鍋って、くせになる味ですよね!最近は、金曜日のために平日がある感じです(笑)