なぜ、子供のいない女性だけでつるもうとするのか

こんにちは、ラムレーズンです(^_^)

子なし専業主婦の私のブログにお越しいただきありがとうございますm(_ _)m

現在、老後、海の近くで暮らすため、節約&投資について色々と考える日々です。

また、夫婦2人暮らし22年目で、このまま夫婦仲良く心穏やかに、そして無理なく身の丈に合った暮らしを目指しています。

よろしくお願いします♪

 

☆☆☆☆☆

 

スポンサーリンク

 子なし女性ならではの会話がしたい

私は47歳の子なし専業主婦です。

現在、身近に子なし友達がおりません。

子ありさんならではの会話があるように。

子なしならではの会話というのもあります。

でも、子なし友達がいない私は、子なしならではの会話ができません。

例えばお正月。

子供のいる家庭は孫を連れて実家を訪れるなんて、ごくごく普通のことだと思うのですが。

子なし夫婦で孫がいるわけでもないのに、

  • 義理の実家行ってる?

なんて話しをしたいのです。

でも、願い叶わず(T_T)

マイノリティって、身近で気軽に相談できる相手というのがいないので、本当に残念です(><)

子なし女性はマイノリティ

ところで、

をオープンして2週間が経過しました。

子なし女性の中には、

  • 子供のいない女性だけの狭い世界だけでつるんでどうするの?!

と思われる方もいるかもしれません。

おっしゃる通り、広い世界を知ることはとても重要だと思います。

でも、マイノリティであることは、単に絶対的な人数が少ないということ以外に、

  • 社会的弱者

でもあるのです。

子ありの人数が多いということは、世の中も子ありにとってより良い社会になるということを意味します。

子ありの数が多いことで、声が届きやすいからです。

子なしの人数が少ないということは、世の中は子なしにとってより良い社会になりにくいということを意味します。

子なしの数が少ないことで、声が届きにくいからです。

産休を設けている会社は増えていますが、不妊治療のため、流産したためのお休みを設けている会社はあるでしょうか?

私がオープンした掲示板で、そんな難しい話しをする予定はありませんが、

  • マイノリティならではの生き辛さ

というのは必ず存在するはずです。

その生き辛さから解放されるスペースとして、続けていければと思っています。

掲示板に書き込みをするのは勇気がいると思いますが、普段思っているけれど言えないことを書くだけで、気が楽になるかもしれません。

子なしの皆さんの参加を待っていまーす♪

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ねこママ より:

    ラムレーズンさん、こんにちは。
    少し前の投稿にコメントしてしまってすみません…。

    子供のいない女性はマイノリティと私も思っていて
    ずっと肩身の狭い思いをしていた(している)のですが、
    先日リンクさせてもらったジュディ・デイさんのプレゼンでは、
    45歳以上の子供のいない女性は4人に1人、ドイツと日本にいたっては
    3人に1人!と聞いて、
    「なんだ、たくさんいるのね!」と単純ですが、嬉しくなりました。
    (少子化の点ではよくないのでしょうが)。

    でもラムレーズンさんの書かれている通り、
    実際はマイノリティな存在になってしまっていて、
    そのつらい声はどこにも届いていないんですよね。

    ラムレーズンさんがこういたブログや掲示板を
    運営してくださって(しかも自腹で)
    本当に感謝の1年でした。ありがとうございます!

    なんだか取り止めないですが、思ったことを
    書いてみました。
    それでは良いお年をお迎えくださいね!

    • ねこママさん、こんにちは。

      ジュディさんのプレゼンをみて、私は聞き間違いかと思いました(笑)でも、何度きいても日本とドイツは3人に1人と言ってますね。日本、少子化になるわけだー?
      そういえば、12月になって子どもがいない女性を対象とした本が2冊も出版されたし、子なしがマイノリティな世の中が少しでも変わっていってくれればいいですね!
      ねこママさん、こちらこそ、コメントをいただいたり、掲示板に書き込みをしていただいたり、ありがとうございます。ねこママさんにとって、2018年が最高の年になりますように!!!