子なし主婦にとって価値のあるドラマ

グレイズ・アナトミー

米国のテレビドラマの「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」が好きで観ています。

確か、5年くらい前にNetfilixで観たのがはじまりで。

それ以降はリアルタイムで追っかけています。

こちらでは9月末にシーズン13がはじまり、今シーズンも面白いですー。

確か、日本だとWOWOWで放送されているけれど、1年遅れだったかもしれません。

そのグレイズ・アナトミーなのですが、何が面白いのかというと、病院が舞台なので、あらゆるタイプの患者さんが登場するということ。

そして、その一つ一つにドラマがあるということ。

もちろん、フィクションであることは重々承知の上ですが、普段、非常に小さな世界にいる私にとっては、毎回

  • 勇気をもらえる

のです。

そして

  • 命について考える機会

を与えてくれます。

また、登場しているお医者さんたちの間にある絆。

ドラマの中では

  • You are my person.

と表現されることが多いのですが、主役のグレーが他人と繋がる様子が、なんとも心温まります。

ただ、舞台がほぼ病院のみなので、もしかしたら子なしの方は、病院での辛かったあれこれが蘇ってくるかもしれません。

私も、昔、不妊治療や手術で辛かったこと、母の入院のことなど、たくさんのことを思い出しては泣いていました。

でも、観ているうちに、その頃の私と比べたら、今の私はとても恵まれている。

だから、頑張らなきゃ!

そんな風に思えるようになりました。

今後もグレーを応援しつつ、楽しむ予定です♪