ぼっち専業主婦が孤独を感じたら、目的意識を持つ

リアル友活のために書いているブログが、このブログの他にあります。

リアルで会える友達探しのために書いてきたけれど、まったくもって誰からも連絡がないので、ブログというよりは単なる日記のようになっております(^_^;)

スポンサーリンク

メールがきたけど、リアルで会うまでには至らず

そんな諦め感漂っていたある日のこと、ある方からメールをいただきました。

同じく専業主婦をされているということで話しはトントン拍子に進み、「では会いましょう!」となったのですが、なぜか会うのは週末を希望されているとのこと。

子なし専業主婦の私にとって週末は夫との大切な時間なので、「私は専業主婦なので、できれば平日の昼間を希望しているのですが、都合が悪いでしょうか?」とお伺いしたのです。

すると、週末にしか会えない理由を教えてくれたのですが、理由になっているようなっていないような。

結局、そのメールの最後に「平日の昼間に会えるようになったらまた連絡します」とだけ書かれ、それで終わってしまったのです。

というわけで、相変わらず、ぼっち専業主婦生活は続いておりまーす。

本を2冊読みました

ところで、2週間ほど前に、水島広子さんの本を読みました。

最近は水島広子さんの本を読んでいるせいか1人でいても孤独を感じなくなりましたが、以前はよく孤独を感じていたので、何が違うのだろうと興味がありました。

ありのままの自分を受け入れること

そこで「孤独力」を読んでみると、やはり一番のポイントは

  • ありのままの自分を受け入れること

で、水島広子さんのどの本にも書かれていいることだったので納得です。

ちなみに、ありのままの自分を受け入れるための方法についても、水島広子さんの本にはどれでも書かれています。

目的意識を持つこと

次に、

  • 目的意識とのつながりを強く持つこと

とありまして、本の中では海外で活躍するスポーツ選手は孤独であるはずなのに、孤独で可哀想とは思われません。

その理由は目的意識を持ってされる行動だと書かれています。

最初は、努力と才能を兼ね備えている人の話しを書かれても…と思ったのですが、この目的意識というものを意識して(ややこしい表現ですみません)生活していたら、なんとなくわかったような気がしたのです。

これは、受動的か能動的かの違いなのではないかと。

例えば、

  • 私は専業主婦なので家の中は綺麗に保たないといけないし、毎日手料理を作って、身ぎれいにしなきゃ

と思っていると、義務になってしまうのですよね。

義務になってしまうと、やらされている感が出て、それはありのままの自分ではなくなります。

これを、私の場合だと、

  • 1人でも楽しいぼっち専業主婦になりたい(笑)

という目的意識を持つことで、1人でも楽しいぼっち専業主婦になるための方法を考えはじめるのです。

1人でできることを考えて、1人でも楽しめることをリストアップして実行していると、それは自分の目的意識からの行動なので、ありのままの自分になります。

結果、孤独は感じにくくなるのではないかと。

愛情を注ぐ対象を増やす

他に面白いと思ったのは、1人で不安な気持ちになったときに安心するための方法して、家の中を掃除するときの気持ちの持ちようなのですが、

「いつもありがとう」「この頃あまり掃除してあげられなくてごめんね」というような感謝の気持ちを持って、部屋を愛おしく思いながら掃除していく、つまり「与える」心で部屋を掃除していけば、義務感から行う掃除とは全く違う感覚が得られると思います。

と書かれているのです。

擬人化するのとは少し違うかもしれませんが、物に愛着を持って接するというのは、悪くないことですよね。

さいごに

そんなわけで、本当に相変わらずぼっち専業主婦ではあるのですが、1人でも楽しいぼっち専業主婦になれるよう、目的意識を持って生活して生活していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. ミント より:

    ラムレーズンさんこんにちは(^^♪

    目的意識というものは本当に大事なもので
    漠然と暮らしていると無性に自分はいったい何のために?などと孤独感にさいなまれますが
    「コレをマスターしなくては!」とか
    「どうしても今日中に仕上げなくては!」などの意識を明確に持つと
    根なし感が小さくなっていき
    存在意義が芽生え
    目的達成のほうへ気持ちが引っ張られますね。

    ささやかな目的でいいから
    いつも自分を引っ張り上げてくれるものを持ち
    達成できた時には大いに自分を褒めちゃう!
    これがメンタルにプラス効果ありますね。

    最近、特に感じていたことでした。

    ラムレーズンさん
    待機中の件、残念でしたね。
    スムーズに進み
    気軽に会って
    いろんな話ができるお仲間とのご縁が必ずや訪れるはず!と思います。

    水島広子さんの本、これから読んでみますね(^^♪

    • ミントさん、こんにちは(*^^*)

      気持ちの持ちようとはよくいったもので、どんな小さなことでもゴールとか目標を持つだけで気持ちが前向きに暮らせますね!友達探しは気長に待ちまーす。いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

  2. ポン より:

    はじめまして。子なし40代のポンと申します。
    先月頃から読ませていただいてます。
    夫が出張中の楽しい一人時間にググっていたら、たどり着きました(笑)

    ラムレーズンさんの 文章、理論的でとてもわかりやすく、毎回楽しみにしております。
    今回の記事も、義務と目的意識の違い、興味深いです。
    自分では自分なのでわかりませんが、ついつい義務化してしまっている事も。
    人の雑談でも、義務の忙しいアピールをされても、ふーん で?と思いますが、
    楽しそうに こうしたいんだ!と言われると興味が湧きます。

    私も頭の中の整理をするためにブログをたまーに〜書いております。
    知人には知らせていません。ただの自己満足です。
    ラムレーズンさんとは真逆の否定的なブログです(笑)
    人に話して発散できるタイプではないので^_^;

    では、長くなってしまったので、またお邪魔させていただきます!

    • ポンさん、初めまして(*^^*)

      ブログを読んでいただきありがとうございます。

      確かに、人が話しをする内容も、義務に思っているのか自ら楽しんでいるのかで、聞く方にとっては面白みは全然違いますね。

      今後ともよろしくお願いしまーす♪

  3. えみり より:

    初めまして!
    子なし40代前半の主婦えみりと申します。

    不妊治療を最近辞めて、仕事も辞めて主婦しております♪
    同じような境遇の方と関わりたくてネットを見ていたらたどり着きました(笑)

    働いてないという罪悪感がなんとなくありましたが、ブログ読んで吹っ飛びました(笑)
    ワンコと好きなだけ戯れられる生活を満喫しようっと!

  4. スープ より:

    こんにちは、はじめまして。スープと申します。
    「〇〇(地域)」と「子なし」で検索したらこのブログに辿りつきました(^^;
    アラフィフの子なしです。40代までは仕事もしてきたのですが、遠距離に住む親の体調の気がかりが出てきたり、自分も更年期世代となりもう少し自分を大切にした生活がしたいと強く感じるようになりました。やはり平日友達の友活中です。

    • スープさん、はじめまして(*^^*)

      スープさんも友活中なのですねー。更年期になると自分を大切にしたくなる気持ちわかります。私は良い意味で自分に諦めをつけることができました。お互い友活頑張りましょう♪

  5. ねこママ より:

    ラムレーズンさん、はじめまして。
    同い年で子なしで、ラムレーズンさんの投稿に
    とても共感しています。
    国内外を転勤してきました。
    今は国内ですが知り合いが1人もいない地にいて、
    8年経っても知り合いすらできず(焦)、
    なかなか手強い場所に暮らしています。
    孤独を感じたり、実際、病気になったりすると
    困ることも多いのですが、
    ひとりでいるのも楽しいし、気楽というのもあります。
    私も本を読んでみます。
    またブログ、おじゃまさせていただきます。

    • ねこママさん、はじめまして(^^)

      すごく似た感じですねー。人って、知り合いがいなくても、案外と1人で生きていけるものですよね。今後、知り合いができればラッキーですが、できなくても、孤独力があれば、なんとかなりそうです。今後共よろしくお願いしますm(_ _)m