夫婦の温度差

子なし専業主婦

結婚したばかりの若かりし頃、冷え性だった私はよく夫の足で私の足を温めてもらっていました。

最初は、心臓がドキリとするほど衝撃の温度差ですが、しばらくするとそれぞれの温度に慣れてきて、さらに時間が経つとお互いのちょうど真ん中くらいの温度になり、最終的には夫の保温力が強いようで、私の足は夫の足の温度にまで上がっていくのでした。

これは、毎日の生活の中でも同じで、価値観やライフスタイルの違いにぶつかると、最初は衝撃を受けるのですが、次第にお互いに歩みより、最終的には力の強い方へ。

わが家は、私の方が年上だったこともあり、結婚して数年は私の方が強かったのですが、それ以降は夫の方が強くなり、私が夫に引っ張られる形の夫婦でした。

 

最近のことですが、健康のために、毎朝夫婦で犬と一緒に散歩をすることにしました。

普段夫婦で一緒に行動はしているけれど、毎朝30分まったく同じことをするということはなかったので、思ったより新鮮です。

それに、散歩中に見たり聞いたりしたことが、その後夫婦の会話のネタにもなり、楽しみが増えました。

そんな毎朝の散歩ですが、これまでは私一人で散歩をしていたので、サボっても誰にも文句は言われなったのが、二人で散歩へ行くようになると、どちらかがサボろうとすると、どちらかが散歩へ行こうと言うので、結局二人揃って毎朝散歩へ行くことになります。

 

私は、夫婦の間の力関係って、どちらか一方が強くなるものだと思っていたし、夫婦の間の温度差を埋めるのは、夫婦のどちらかが寄り添うとうまくいくものだと思っていたのです。

でも、今の夫と私は、その都度、寄り添える方が寄り添う、あるいは、元気のある方が、元気のない方を引っ張るイメージに変化しました。

夫婦の形って、少しずつ変化があるものなのですね。

 

今後、さらに二人で生活を続けていたらどんな風に変わっていくのか楽しみですが、いつまでも温度差を埋めるためにどちらかが寄り添える夫婦でありたいなとは思っています。

もしかしたら、そのためには、まったく同じことをする時間というのは、気づきのある、貴重な時間なのかもしれませんね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ