誰でもできるイビキ対策

前回、前々回と、

を書きました。

 

週末に、睡眠時無呼吸症候群を検査するためのキットが

準備できたということで病院へ取りにいきました。

 

その夜、夫は頭にセットして寝て、

翌日宅急便で病院へ送り返し、

あとは結果を待つのみです。

 

頭に取り付ける検査キットには、

  • 脳波を測定する機会
  • 脈拍を測定する機械
  • いびきの音を録音するマイク
  • 酸素を測る鼻への管

などなどがついていて、

夫曰く、その検査キットをつけたらからといって

眠れないということはなかったようです。

 

というわけで、

睡眠時無呼吸症候群かどうかはまだわかりませんが

いびき対策を実行しています。

 

枕を低くしたことは、以前書きましたが

夫はさらに、

  • 枕を使わない

という行動にでました。

 

さらに、うつ伏せに寝るようにしたようです。

 

あと、

  • いびき体操

なるものをしています。

 

いびきの原因は

喉のまわりの筋肉が弱っているためだったら

いびき体操は効果があるそうです。

 

舌を出したり、回したり、ひょっとこ顔をしたり、

とても簡単なものです。

 

いびき体操でぐぐると出てきます。

 

こんな感じで、

  • 枕なしで寝る
  • うつ伏せ寝する
  • いびき体操を毎日する

という3つだけですが、

実は、あきらかに、いびきが少なくなりました!

 

今、横で寝ている私は

耳栓なしで寝れています\(^o^)/

 

また、フィットネス腕時計の睡眠時間を確認すると

夜の11時から、朝7時までの8時間睡眠で

深い眠りは4時間前後だったのが、

現在は5時間前後になりました。

 

やはりいびきは深い睡眠を減らしていたのだなと思います。

 

ところで、いびき対策で

夫の減量を考えておりますが

健康的に痩せたいと思っているので、

というものに登録してみました。

 

入力するデータは、

  • 食事
  • 運動
  • 体重と体脂肪率

です。

 

これらを入力するだけで、

  • 栄養成分の過不足
  • 摂取カロリー

などがわかります。

 

ダイエットを支援するサービスは

他にもありますが、

こんなに簡単に食事のデータを入力できるものは

はじめてです。

 

健康的にダイエットしたいので、

こういったサービスはありがたいです。

 

色々と試して

夫に長生きしてもらえるように

頑張りまーす✌