いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係は

前回

に書いたように、ただいま、

  • 夫が睡眠時無呼吸症候群の疑いがあり

の状態です。

 

昨年フィットネス腕時計なるものを買いました。

私が買ったのは、

  • フィットビット(Fitbit) Charge2

という製品です。

ポチッとして商品が届いてから、すぐに機能を確認し。

使えそうとわかってから、夫用にも買いました。

 

というのも、このフィットネス腕時計を買ったのは。

夫の睡眠状態を知りたかったというのものあったのです。

腕時計をしたまま寝ると。

自動で睡眠時間を測定してくれます。

さらに、睡眠時間を

  • 浅い睡眠
  • 深い睡眠

という2つに分けてくれるのです。

 

この腕時計を半年ほど使ってみてわかったことは。

夫と私はほぼ同じ睡眠時間のはずなのに。

いつも、

  • 夫の方が深い睡眠が短い

ということ。

時間にすると、短いときで1時間ほど。

長いときで3時間も私より短いときがあります。

 

ただ、ぐぐってみると、フィットネス腕時計の睡眠機能は。

脳波を測定するわけではないので。

あてにならないという見方もあるようで。

腕時計の結果だけをみて、病院へ行くのは変なのかもと。

行けずにいたのです。

 

そこで、先日病院へ行った時。

腕時計について疑問に思っていたことを。

睡眠専門のドクターに質問しました。

  • フィットネス腕時計をつけていて、夫と私は寝ている時間はほぼ同じなのに、夫の方が深い睡眠が短いのです。

と。

すると、

  • あー、やはりデータとして出ているみたいですね。睡眠時間はたっぷり取っていても、熟睡できている時間が短いということでしょうねー。

と。

お医者さんは、腕時計の結果を疑う様子はゼロ。

ということは、フィットネス腕時計の睡眠機能。

けっこうあてになるみたいです!

 

ところで、睡眠時無呼吸症候群ですが。

検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と診断されると。

寝ている間に酸欠になっているため。

心臓にも負担がかかっていることになります。

また、眠りが浅いため、睡眠不足にもなるわけで。

様々な健康上の問題が出てきます。

これは、統計として出ているそうな。

 

そのため、

  • マウスピース
  • CPAP
  • 手術

の3種類の対策からいずれかを選ぶ必要があるそう。

 

マウスピースは、顎の位置をずらすことで。

喉に隙間を作り、呼吸を確保するようです。

 

CPAPは、マスクのようなものをつけて。

強制的に酸素を送り込む機械です。

 

手術は、喉を手術するのだとか。

 

ちなみに、手術は人によって。

効果があったりなかったりするようで。

あまりオススメされていませんでした。

おそらく、アメリカならではの。

極端に太った方なんかだと。

手術をしても、意味がなかったりするのかも(^_^;)

 

一番効果があるのがCPAPで。

でも、お手軽にマウスピースを選ぶ人が多いようです。

 

もう1つ、いびきに関してですが。

いびきがひどいからといって。

必ずしも睡眠時無呼吸症候群とは限らないようです。

 

でも、いびきをかいている状態というのは。

実は眠りが浅くなっていることが多く。

睡眠時無呼吸症候群ほどは深刻ではないようですが。

放置しておくのは、実は良くないそう。

 

あと、お酒を飲んだときにいびきがひどいのは。

お酒を飲むと、筋肉が緩むのだそうで。

そうすると、喉の筋肉も緩んで。

いびきにつながるのだとか。

 

確かに。

週末に、お酒を飲んだ後に昼寝をしている夫は。

いびきがすごい!

 

というわけで、睡眠時無呼吸症候群の診断はまだですが。

どちらにしても、いびき対策は必要。

 

今後、色々と考えていきたいと思います。