自己肯定感は高くても低くても友達は

子なし専業主婦

海原純子さんの本、

に書かれていたのですが、日本各地でセミナーするときに、

  • 共通点探し

というコーナーを設けることがあるのだとか。

理由は、

共通点がたくさんあるほど話ももりあがり、お互いに対する関心や親しみも増していく。コミュニケーションをよくするには、共通点探しは役立つものである。

なのだそう。

 

少し前に、友人と旅行へ行きました。

その友人とは7年か8年ぶりに会ったのですが。

永遠に話していられるのではないかというくらい、話が尽きません。

その理由を考えると、お互いの共通点がとても多いのです。

親のこと、子供がいないこと、新しいもの大好き、IT系の仕事関係、などなど。

そしてなにより、お互いの価値観やライフスタイルに対して、ちゃちゃを入れられるのが嫌い。

 

こんな感じに、共通点は多いけれど、違う点もあります。

それは、友人は自己肯定感が非常に高く。

私は自己肯定感が非常に低い、ということ。

逃げ恥の中で、みくりのお母さんが足を骨折したことがきっかけで家族が集まり。

その中で、みくりのお父さんとお兄さんの会話で、お兄さんの方が

  • 自分が幸せにならなきゃ、人は幸せにできないよね

と言っています。

これは、自己肯定感の高い人が思っている典型的な言葉だと思うのですが。

私の友人も同じことを言っています。

それに対して、自己肯定感の低い私は、

  • 幸せになるためには努力が必要

と思っています。

で、実際に、私はその友人から、いつも幸せを分けてもらっているような気分になるのです。

これは、20代のときに出会ってから、まったく変わりません。

ところが、その友人は、私が努力している姿を見て、自分も頑張らなきゃ!と思うんだそうです。

面白いバランスですよね。

 

そんなことを考えていたら、自己肯定感は高くても低くても。

共通点があったり、お互いをいたわりあったり、お互いを補いあったり。

そんな相手が見つかれば、さほど、問題はないのかも。

だから、生きづらさを解消させるための方法として。

自己肯定感を高めることも重要だけど。

自己肯定感の高い友人がまわりにいることだけでも。

生きづらさは解消されるのかもしれないな。

そんな風に思ったのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ