子なし専業主婦がリスペクトするのは

子なし専業主婦

先月、

という本をKindleで買いまして、自己肯定感を高めるために色々と試しています。

試したことは、

  1. 子なし専業主婦の自己肯定感は
  2. 専業主婦が自己肯定感を高めるためにしたこと
  3. 人付き合いの苦手な子なし専業主婦がしたのは
  4. 子なし専業主婦が言い訳したいのは

に書いてきましたが、今回はその続きです。

 

本の中では、

  • 自己肯定感を高めるためにまずは他人をリスペクトする

という作業を行います。

その

  • 他人をリスペクトする

の意味するところですが、

  • 他人を尊敬する

という意味ではありません。

本の中では、他人を尊敬することを

  • 条件つきのリスペクト

と呼んでいまして、

  • Aさんは勉強ができるから尊敬する
  • Bさんは仕事ができるから尊敬する

と、尊敬する前に何か秀でたものがあって、それを前提に尊敬しています。

これは、悪いことではないですが、自己肯定感を高めるためには不要です。

本の中ですすめられているのは、

  • ありのままの他人を受け入れる

という意味のリスペクトで、

  • 無条件のリスペクト

です。

この無条件のリスペクトですが、例えば、Cさんに

  • 女性は子供を育てて一人前なのよー

と言われたとします。

子なしの私は、

  • 子育てしてないと一人前になれないってこと?

とムキーッ!とするわけです(^_^;)

これを、

  • Cさんは、子供を育てて色々な苦労があって、今そう思っているのだな

と考えるのだそうです。

Cさんの言葉を一般論として受け入れず、Cさんの価値観はそうなのだということです。

すると、

  • Cさんの価値観と私の価値観には違いがある

ということになって、

  • お互いに違う価値観をもっているんだ

と認識することができます。

そして、私は、

  • そっか、Cさんはそういう風に考えているのねー

と返事することができるようになり、傷つくことなく話しを聞くことができます。

結果、

  • 私自身の自己肯定感を下げずに済む

ことになります。

こういう考えたかは、本の中では、

  • お互いの領域を守る

と表現されています。

さらに、お互いの領域を守ると、お互い本音を言えることができるようになり、友達とつながるという感覚が生まれるのだとか。

果たして、そんなにうまいこといくのかはわかりませんが、言われてみればその通りです。

すべての人の言葉が一般論として語っているわけではありませんし、そのような考え方になったのには、様々な背景があるのも理解ができます。

ただ、この考え方は、お互いにリスペクトしている状態では成り立ちますが、相手がこちらをリスペクトしてくれなければ、友達としてつながっていることは難しいです。

ということは、お互いにリスペクトし合える人と友達になれば良いということですね。

やってみる価値はありそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ