時差ボケ解消

若かりし頃は旅行している間も、旅行が終わってからも、数日あれば時差ボケはなくなっていました。

40代後半になった現在は、早くて1週間、長いと2週間も時差ボケが残ります。

そこで、今回はわが家の時差ボケ対策について書こうと思います。

スポンサーリンク

時差ボケ用のサプリメントはメラトニン

わが家が現在使っている時差ボケ対策は、

  • メラトニン(Melatonin)

です。

メラトニンはホルモンの一つで、昼は少なく、夜は多く分泌されます。

そのメラトニンが夜に多く分泌されることで、人は眠くなるのだとか。

わが家で使っているのは

  • ネイチャーメイドの1錠3㎎のメラトニン

です。

確か、6.99ドルだったと思います。

寝る30分から1時間前に飲むとバッチリ効きます。

夫は仕事で海外出張がよくあるのですが、メラトニンを使うようになってから、時差ボケと戦う必要がなくなり、体は本当に楽になったと言っています。

私は専業主婦なので関係ないと思っていましたが、時差ボケってすごく体力を消耗するのです。

特に、更年期に入ってからは睡眠不足のせいで、更年期の症状が悪化するため、メラトニンを利用するようになりました。

メラトニンは不眠症には使っていはいけません

そんなメラトニンですが、アメリカではサプリメントとして売られています。

残念ながら、日本では売られていません。

もし、購入したいという方がいれば、

  • iherb.com

だと日本語で購入手続き可能です。

このメラトニン、気軽に利用することができるものなのですが、先日ある健康番組で気になることが言われていました。

それは、

  • メラトニンはホルモンの一つ

であるということです。

そのため、ビタミン剤などとは違い、乱用は避けるべき。

特に、

  • 不眠症の人が常用するのはオススメできない

のだとか。

メラトニンは睡眠のリズムを整えるためのものなので、

  • 時差ボケを解消する

目的で一時的に使う分には問題ないようです。

というわけで、メラトニンは時差ボケだけに使いましょう!

メラトニンとコーヒーは相性悪いようです

私が実際に使ってみて思ったことも書いておきたいと思います。

私は時差ボケのとき、昼間に眠気を取るためにコーヒーをよく飲むのです。

私の経験では、

  • 昼間にコーヒーをガブガブ飲んでしまうと、メラトニン効きません!

なので、コーヒーとメラトニンの併用は避けましょう。

あと、メラトニンを飲んで、いったんぐっすり寝たけれど、夜中に目が覚めてしまったというときですが。

さらに追加でもう1錠飲むのは、ダメなのだそうです。

メラトニンは、あくまでも寝る時間をコントロールするためのものということのようです。

メラトニンのような特殊なサプリメントは、その内容をよく知って、上手に使っていきたいですね。

スポンサーリンク