高齢者を見守ってくれるサービス

義母

 

最近、義母の行動に、

  • もしかして?

と思うことがありました。

それは、認知症のはじまりです。

 

義母は現在70代で、一人暮らしをしています。

そんな義母と、スカイプで話しをしている限り、多少の物忘れはあるけれど、普通に会話はできていました。

また、年に1回、直接会いにも行っているのですが、数日一緒に過ごしても、特にそれらしいことはなかったのです。

でも、よーく考えてみると、思い当たることがいくつかあります。

 

いつも、スカイプで話しをするときは、最初に、家族みんな元気にしてますよーという意味で、犬をカメラに映して、義母に見せるのです。

うちには犬が2匹いますが、色がまったく違うので、見間違えることはありません。

なのに、犬Aをみて、犬Bの名前を呼んだのです。

犬Bをみたときは、名前は出てこないようでした。

これが1つ。

 

次の話しは、3年くらい前のことです。

義母は血圧が高いので、毎日血圧を自分で測っています。

ある日、いつも通り血圧を測ったら、ありえないくらいの数字になったのだそうです。

その値にパニックを起こし、知人Aに連絡をしました。

でも、その知人Aというのは、昔から知っている人ではありますが、緊急時に連絡をするような相手ではありません。

もっと、親しくしている知人Bと知人Cがいるのに、なぜか、知人Aに連絡をしてしまったのです。

 

他には、

  • 一時期、自分の年齢を間違えて記憶していた
  • 夫の誕生日に連絡がこなくなった
  • 今日は何日ですか?と聞いたときに、答えられなかったことがある
  • 以前は言わなかったようなことを言うようになった
  • 以前よりイライラしていることが増えた

なんてことがあります。

 

ただ、これらが年相応のことなのか、認知症によるものなのか、近くにいるわけではないので、私には判断できません。

でも、なんとなくですが、あまり良い方向ではないような予感はします。

とりあず、インターネットで役に立ちそうな情報としては、

をあげておます。

脳神経外科の山本クリニックさんのサイトで、認知症に関して非常によくまとまっているように思います。

親の介護の情報として有用ですが、下の方には、様々な統計などもあり、今後認知症にならないための情報としても使えると思います。

あとは、本を取り寄せて何冊か読む予定です。

読み終わってから次の対策を考えますが、

  • 義母を病院へ連れていく
  • 見守りサービスを申し込む
  • 万が一のときのための老人ホームを探す

は、しておいた方が良さそうです。

見守りサービスというのは、申込みをすると、定期的に訪問して話しをしてくれるようです。

ざっと探したところでは、

がありました。

セコムとアルソックは、万が一のとき駆けつけてくれるようですが、郵便局はただ訪問して話しを聞くだけのようです。

あと、これは昔からありますが、

で、毎日お茶を飲んでいるかどうかを確認できるというものもありますね。

少しずつ、準備はじめたいと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ