子なし夫婦が将来必要な老後資金を計算するのはちょちょいのちょい

こんにちは、ラムレーズンです(^_^)

子なし専業主婦の私のブログにお越しいただきありがとうございますm(_ _)m

現在、老後、海の近くで暮らすため、節約&投資について色々と考える日々です。

また、夫婦2人暮らし22年目で、このまま夫婦仲良く心穏やかに、そして無理なく身の丈に合った暮らしを目指しています。

よろしくお願いします♪

 

☆☆☆☆☆

 

子供のいない家の家計はとてもシンプルです。

そのため、老後の費用を計算するのはとっても簡単。

老後が心配でたまらない!という子なし主婦さんは、一度計算してみましょう!

スポンサーリンク

 現在の家計簿から老後のかかる生活費を予想する

子なし夫婦が老後に必要なお金は、現在の家計簿からはじき出します。

普段家計簿をつけてない方は、

  • 1ヶ月だけで構わないので正確な金額を出します。

家計簿をつけている方は、1ヶ月分でもいいですし、1年分を12で割って月々の平均を出してもいいでしょう。

ざっくりですが、わが家はこんな感じです。

現在
住居費 10万円
水道光熱費 3万円
医療衛生費 1万円
車両費 2万円
被服費 2万円
通信費 2万円
食費 10万円
娯楽費 3万円
交際費 1万円
夫小遣い 3万円
妻小遣い 3万円
合計 40万円

食いしん坊夫婦なので食費は多めですが、40代になってからは物欲もなくなり、使うお金は減る一方です。

被服費なんて、これでも多めに見積もっていたりします(^_^;)

次に

  • 老後の暮らしを想像します。

住む家は、今より小さくなりますか?大きくなりますか?同じですか?

わが家はたぶん同じくらいになると思っています。

今は健康だけど、20年後は病気の一つや二つはあるはずです。

となると、医療費は増える方向へ。

夫とあちこち遊びに行きたいので娯楽費も増える方向へ。

洋服は仕事をしているわけではないので、被服費は減る方向へ。

色々考えると、わが家の場合はこんな感じになります。

現在 老後
住居費 10万円 10万円
水道光熱費 3万円 2万円
医療衛生費 1万円 3万円
車両費 2万円 2万円
被服費 2万円 1万円
通信費 2万円 2万円
食費 10万円 8万円
娯楽費 3万円 5万円
交際費 1万円 3万円
夫小遣い 3万円 3万円
妻小遣い 3万円 3万円
合計 40万円 42万円

現在は月40万円使っていますが、老後は42万円という予想です。

リタイアの年齢から必要な金額を算出する

次に、リタイアする年齢を考えます。

わが家は、夫に聞いたところ、

  • 60歳くらい

と考えているようです。

となると、年金がでるのが65歳ですから、60歳から65歳の間の5年に使うのは、

  • 42万円 × 12ヶ月 × 5年 = 2520万円

です。

90歳まで生きると仮定すると、65歳からは25年間あります。

年金が月30万円とすると、足りない月12万円は自腹として25年間を計算すると、

  • 12万円 × 12ヶ月 × 25年 = 3600万円

になります。

60歳までに合計で、

  • 2520万円 + 3600万円 = 6120万円

必要になります。

月々の積立金額は?

わが家の場合は夫が60歳で6120万円必要になることがわかりました。

現在夫は44歳なので、あと16年で6000万円となると、月々貯める金額は、

  • 6120万円 ÷ 16年 ÷ 12ヶ月 = 32万円

となります。

これは現金を利子なしで置いておいた場合はこうなりますが、試しに年利3%(計算は月単位で複利)で運用すると、

  • 16年後は7870万円

になってしまいます。

ここで、3%で運用することを前提に16年後に6120万円を貯めるには、月々いくら貯金すればいいのかを考えます。

私の計算では、

  • 月々25万円貯めればいい

ことになります。

子供一人あたり年間100万円は必要と考えれば、子なし夫婦にとって、難しい金額ではないと言えるでしょう。

月々に貯める金額を減らすには

月々に貯める金額を減らしたい場合は、

  • 働くのを65歳まで引き延ばす
  • 元気なうちは生活費が日本の半分の海外で暮らす
  • 65歳以降は年金だけで暮らす

などなど、いくらでも打つ手はあります。

ちなみに、わが家は、夫は60歳まで働くことを希望していますが、現実は、どうなるかわかりません。

そのため、「子供のいない夫婦の老後はアーリーリタイアメントでまったり」にも書きましたが、元気なうちは生活費の安い国で暮らすことを考えています。

 さいごに

子なし夫婦は子供がいない分、年間100万円は老後用に確保できるはずです。

  • 40歳から貯め始めても、60歳で2000万円になります。

ただ、貯めたお金を銀行に預けておくだけではインフレに負けてしまいます。

  • 勉強して、お金を運用する方法を見つけましょう。

そして、「子なし夫婦が考えておきたい老後と終活の費用」にも書きましたが、子なし夫婦の終活の費用は300~500万円かかるので、その分も忘れずに貯めておきましょう。

あとは、健康であること!

それだけです\(^o^)/

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク