子なし主婦は見ざる聞かざる、でも言いたいことは言う

今の家に住みはじめて4年目です。

新興住宅地ということもあり、小さな、そしてやんちゃな子供がわんさか生息しています。

その中でも、わが家の敷地に入って庭を荒らす小さな悪魔(隣の子供)が気になってしかたがありません。

今回は、子なしの私がしているご近所さん対策です。

視界に入れないような対策

子なし主婦にとって気になることは、ご近所さんの子供たち。

鬼ごっこをしていて、わが家の敷地に入って花壇を荒らす。

キャッチボールをしていて、ボールがわが家の窓に当たる。

こんなことは、日常茶飯事です。

そんな私の対策とは、

  • 見ざる聞かざる

です。

こちらの写真をご覧ください。

窓にスモーク

窓の3分の1に、スモークが貼られています。

これ、私がパソコンに向かっている位置から、

  • 家の前を通る子供たちは見えないように
  • 緑と空は見えるように

したものです。

実はこれ、住みはじめて3年目に思いつきました。

やってみると、実に快適です。

子供が目に入らなくなると、自然と子供たちの甲高い声も気にならなくなりました。

必要なことは行動する

でも、見ざる聞かざるだけではダメなこともあります。

以前、わが家の前に長いこと車を停めている人がいました。

わが家は来客があるわけではないので、停められていても、まったく関係ありません。

ただ、気分が悪いというだけでした。

そこで私のとった行動は、

  • 写真を撮る

ということ。

それも、人がたくさんいる時間帯に。

その結果、車を停めていた若者の母親が、わが家に乗り込んできました。

その時のやり取りです。

 

母親:息子の車の写真を撮っていたと聞いたけど、何のためだったの?

私:誰のものかわらからない車がずっと止まっていたので、何かあったとき警察に証拠として見せるためです。

母親:直接話してくれたらいいのに。

私:誰のものがわからないのに、どうやって直接話せばいいのですか?

 

結局、その母親はプリプリと怒って帰ってしまいました。

その後、車がわが家の前に停まることはありません。

私は、

  • 見ざる聞かざる、でも言いたいことは言う

ようにしています。

 さいごに

子なしの私が近所の子供に対して、過剰に反応していることは認めます。

子供を見ているだけで辛かったのだから仕方がありません。

でも、ご近所さんとはお互い様です。

だから、こちらは可能な限り見ざる聞かざるで努力します。

努力したぶん、必要なときは行動して、言いたいことは言います。

ただし、絶対に感情的にならないように。