今年最後のブログです

2016年も残すところ、あと2日となりました。

そして、この記事が、今年最後になる予定です。

まず、このブログ、40代子なし専業主婦のスローライフを読んでいただき、本当にありがとうございましたm(_ _)m

そして、ブログへコメントを書いてくださった方、メールをくださった方、子供のいない女性のための掲示板に書き込みをしてくださった方も、本当にありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク

 このブログを書いているのは

このブログをはじめたのは今年の4月のことで、一番最初に書いた記事が、

でした。

題名にもある通り、結婚して20年が経ち、年齢も47歳になって、ようやく子供のことが吹っ切れたからこそ書けたと思っています。

事実、楽しそうな家族連れをみても、近所の子供をみても、子供のいる女性と話しをしても、大丈夫になりました。

これは、子供がいないことで傷ついた心が完全に癒えたのだと思っています。

でも、相変わらず、話題が子供のことばかりという人はかなりの数いて、産まれたばかりならいざしらず、10代後半になった子供があれしたこれしたという話題には、どう返事をしたらいいものか困ります。

以前、このブログにも書いたと思うのですが、ある女性から、その女性の高校生の子供が撮影したビデオを観せらました。

その子供たちのクラスメートすべてが映っているだけのビデオです。

そのビデオを観て、私に何を言ってほしかったのでしょうか。

私は知り合ったばかりの女性で、相手の状況がわからない場合、

  • お休みや時間のあるときは何をして過ごされているんですか?

と尋ねます。

この答えで大抵は相手の家族構成や趣味などがわかるからです。

そこから共通の話題を探して、お互いが会話を楽しめるように話しを持っていきます。

でも、子供の話題はすべての女性の共通のネタだと信じて疑わない人は、最初から子供の話しをするのです。

だからこそ、初対面で

  • お子さんは?

という質問が出てくるのだと思います。

そこに、色々な理由で子供のいない女性への気遣いはゼロです。

例えば、交通事故で右腕をなくした人に、

  • あなたの右腕は?

と尋ねる人はいないでしょう。

でも、世の中には、目に見えない問題、傷、病気、障害を持っている人というのは山ほどいるのです。

誰だって、問題を抱えたくて抱えているわけでもなく、障害を持ちたくて持っているわけではなく、さらに、それらの問題は複雑でデリケートな場合が多くあります。

そんな

  • 目に見えなくても人それぞれ色々なことがある

ということをわかって欲しくて、このブログを書いていました。

さいごに

今年は、このブログを書くことで、脳みそがとても整理されました。

来年は、まだ、何を書いていこうか決まっていませんが、個人的には幸福感を底上げしたいと考えているので、そのあたりのことを書いていければいいかな、と思っています。

来年も、よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

コメント

  1. どんぐり より:

    子なし、掲示板、というキーワードでこのサイトにたどりつき、それ以来こちらにおじゃまするのが毎日の楽しみになりました。記事の執筆やサイトの構築など、ラムレーズンさんがこのサイトのために時間をさいてくださっているからこそ、こうやって私たちが心癒される場があるんですよね。改めて、ラムレーズンさん、ありがとうございます。^^

    私は子供のことになると、まだ少し心がもやもやしています。義理の兄弟たちの子供と遊ぶのは気分転換になっていいんですが、徐々に大きくなっていく姿を見るにつれ、私たちには将来頼れる子供がいないんだなと思うと、寂しくなります。ただ、私自身、両親にはめったにあえない場所に住んでいて、全然親孝行らしいことをしていないので、子供がいたとしても子供には子供の人生があるから、将来頼りになるかどうかは全然わからないものだということも身に持って感じています。

    それでは、ラムレーズンさん、2016年、サイトの管理、お疲れさまでした。2017年もサイトの行方、楽しみにしています。^^

    • ラムレーズン より:

      どんぐりさん、こんにちは(^^)

      こちらこそ、マメに遊びに来ていただき、本当にありがとうございました。今年は思った以上にこのサイトの運営に夢中になり、どんくりさんをはじめ色々な方とお話することができて、楽しかったです♪

      実は先日、子供のいる方が掲示版の孤独感についてトピックに書き込みがありました。その方は、子供はいるけれどとても孤独を感じているということで書き込みをされたようなのですが、掲示版の主旨が子なしなので削除しました。でも、子供がいてもいなくても、不安に感じたり、孤独を感じたり、色々あるんですよね。だから、自分の気持ちは自分で処理しないといけないんだなって思いました。今後も、一緒に、自分の気持ちと向き合っていきましょうね!

      2017年も、よろしくお願いしまーす!