アラフィフ子なし夫婦、やっとFIRE達成しました。

とうとうというか、やっというか、衣類の断捨離しました。断捨離したのは、お出かけ用の洋服。残したのはアクティブウェアのみです。

何年前だったか、若い人たち(20代、30代)の間で洋服の制服化が流行りましたよね。FIRE(Financial Independence, Retire Early)の影響だと思うのですが、すごくいいことだなーって思っていたのです。でも、私はなかなか実行できずにいました。ところがコロナの自粛生活が、私を変えてくれました。平日は犬と散歩して、その後は自宅で仕事。休日はキャンプ&ハイキングを楽しみます。必要な物はネットで買い、食糧もネットで当日配達を利用するように。この生活だと、アクティブウェアだけで事足ります。

もう一つ、変わったことがあります。それは、ヘアカラーをやめました!かれこれ半年になります。

白髪染めに関しては、敏感肌になったときからやめたいと思ってました。でも、巷ではアラフィフでグレーヘアーは早すぎるとか、グレーヘアーは美しい人だけが似あうとか、老けて見えるとか、みっともないとか、酷いのは女性を捨てたとか、言われてますよね。そんな言われ方に心の中では反発しつつ、「他人の目」を気にしてできなかったのです。それがコロナの自粛生活をきっかけに、グレーヘアーにする決心がつきました。今は髪の毛を良い状態に保つことだけにフォーカスしています。

ところでなぜ、今までできなかったことができるようになったのか、不思議でした。最初、自粛生活になって外へ出ることが減ったからだと思いましたが、アメリカではコロナのワクチン接種者が増え、ほぼ以前と変わらない生活にもどっています。なのに、洋服も髪の毛も、以前のように戻すことは考えていません。その答えは「お金か人生か――給料がなくても豊かになれる9ステップ」を読んだらわかりました。この本に書かれている「十分」を理解できたのだと思います。

どういうことかというと、この本はFIREムーブメントの元祖本で、一番最初に出版されたのは1992年。そこから数回時代に合わせて改版され、昨年5月に日本に住んでいる方にもわかりやすく翻訳されたのものが出版されました。具体的な内容は、純資産を計算することにはじまり、1セント(約1円)単位で家計を管理しながら、何が自分にとって「十分」なのかを追求していきます。なぜ「十分」なのかというと、人の幸福度はある一定のラインを超えると変わらないから。つまり、「自分にとっての十分」を見極めることが、一番効率の良い「自分のエネルギー」と「自分のお金」の使い方となるわけです。そして最終的には投資をして経済的自立を目指し、その経済的自立ができたらFIRE完成。

ただ、私はこの本を読んで50代を迎えたわけではありません。ですから、自分にとっての「十分」を考えることなく生きてきました。20代、30代は物質主義だったし、40代になって節約をするようになったけど、老後のお金を貯めることが目的。50代になって経済的自立は手に入れたけど、そこにあるのはお金だけ。だから、他人の目を気にしたり普通にこだわったりして、やりたいと思っていたことでも、前に進むことができませんでした。

それが夫がテレワークになり、1日中、夫婦二人で過ごすようになったら、リタイア後の暮らしがバッチリ想像できちゃったのです。そして、その暮らしぶりは悪くない。悪くないどころか二人であーでもないこーでもないと楽しい毎日です。これが「今のままでいい」と思えるようになった、はじめの一歩。二歩目は、昨年5月にはじめた仕事が関係しています。その仕事には定年がなく、休みたいときに休みが取れます。でも、日々変化する市場なので、勉強、研究は欠かせません。毎日英語のニュースを読んでいますし、英語での情報収集もしています。とても刺激的でこの仕事をいつまでも続けたいという気持ちが、「今のままでいい」になったように思います。三歩目は、夫婦共通の趣味としてキャンプ&ハイキングとeスポーツがあること。つまり、夫と二人の時間、仕事、趣味の三つが揃って、これ以上望む事はないと思うようになったのです。そしてこれが私にとっての「十分」なのです。

お金を貯めても、断捨離しても、物質主義からは抜け出せません。自分にとっての「十分」は何なのかを知ることが、お金やモノへの執着を減らします。そして、その執着がなくなったときはじめて、「今のままでいい」と思え、心穏やかな暮らしになれるようです。

そして今回、FIREで言うところの「十分」を理解したのは夫も同じ。でも夫も仕事を楽しむことができているので、このまましばらくリタイアはせず、55歳まで働くことにしたようです。そして夫が55歳になったとき、二人でアメリカ中をキャンプできたらいいねと話しています。

FIREはミレニアムだからアラフィフの私には関係ないと思ってきたけれど、それは間違い。いくつになってもFIREは目指せます。また、老後資金は貯まったけれど、何をすればいいかわからず漠然と不安だけがある場合も、FIREの考え方を理解することで楽しい老後になりそうです。20代、30代の方はもちろん、40代以上の方もFIREの「十分」を研究してみてはいかがでしょう。

「アラフィフ子なし夫婦、やっとFIRE達成しました。」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。
    年の差婚を考えているAです。
    彼が、50歳でアーリーリタイヤをし
    FIREという言葉をつぶやいていたので
    気になって調べていたら、こちらにたどり着きました。
    私は38で、そろそろ子供欲しい願望はありますが
    持病持ちで、なかなか妊娠しにくい気がしていて
    7割は諦めモードです。残りの3割に望みをかけたいと思いましたが
    彼は子供はもういらないというので、少々落ち込んでいます。
    このまま子なし夫婦として彼との将来も楽しく過ごせそうですが
    どこかで、違う人とならまだ可能性があるのかな、などと考えてしまいます。
    しかし、年齢も年齢で今から新しい人を探すのもしんどいです。
    今の彼は、食べ物の趣味や嗜好が似ているので
    日々の小さなことに幸せを感じています。
    色々な葛藤がぐるぐるしています。
    そういう年頃なのでしょうか。
    いっそ、もうできませんと医者から宣告されたら
    どんなに楽だろうと思います。
    長々と失礼しました。
    ブログ記事が心に沁みましたので
    コメントさせていただきました。
    またちょこちょこお邪魔させていただきます。

    1. ラムレーズン

      Aさん、はじめまして。持病があっても子供が欲しいという決断をされたにもかかわらず、結婚を考えている方が子供を希望されてないとのこと、残念でしたね。(50歳でアーリーリタイアを考えている方なのか、すでにリタイアされた方なのかはわかりませんが)50歳でFIREされるのであれば、将来の設計はしっかりされている方と想像できますので、近い将来、「やっぱり子供が欲しい」となる可能性はすごく少ないように思います。であれば、Aさんが子供を欲しいと思う気持ちがどこまで強いのか、よくよく考えて答えをださないといけませんね。持病があって子供ができるかどうかもありますが、持病があっても子育てできるかどうか、さらに子供ができた後に離婚する可能性もありますから、シングルマザーになっても子育てができるかどうかも考える必要がありそうです。FIREはお金を貯めてアーリーリタイアすることがゴールではありません。心からやりたいと思えることに時間を使うために、お金を貯めてアーリーリタイアすることがゴールです。何をするときに幸せを感じるのか、将来何をしようとしているのか、FIREを意識している彼氏さんと話すことで、新しい発見があるかもしれません。

      1. ご返信ありがとうございます。
        誰にも相談できずにウツウツとしていましたが、ラムレーズンさんのお言葉で、より自分を俯瞰して見ることができそうです。

        彼は、すでにリタイヤしてます。
        ただ、彼も持病があり、それにより、タイミングが不本意な退職でした。それでも堅実な人なので、コツコツと投資や貯蓄を将来に向けて生きていけるように計画的に生活しています。なので、私がその予定を狂わすことはできませんし、そんな彼に子供を望むのは、酷なことなのだと思う自分もいます。

        また、自分はシングルマザーの家庭で育ちました。家族は仲が良く、母にも感謝をしていますが、やはり、精神的、金銭的な苦労は多かったです。
        なので、正直、こんな思いをするくらいなら、シングルマザーになる確率を減らすためにも、子供は産まないほうがいいのでは、とも思います。私にはシングルマザーは無理なのです。
        でも、生理前になると涙が出ます。現実と理想の狭間で、揺れまくりです。

        そろそろタイムリミットが迫っているので、近く決断しなければと思っています。そのためにも、彼と、とことん話そうと思います。

        仰る通り、何をするときに幸せを感じるのか、将来何をしようとしているのかを、彼と話して新しい発見を探ってみたいです。
        長々と失礼しました。
        また、お邪魔させていただきます。

        1. ラムレーズン

          Aさん、彼氏さんと、とことん話すこと、大賛成です。彼氏さんも、Aさんも、持病があるとのことですので、子供がいてもいなくても、お互いを労わりあって仲良く過ごせるような気はします。話すことで、ますます彼氏さんを好きになれるといいですね!これから暑くなりますが、くれぐれもご自愛くださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。