子なし夫婦。結婚して24年になりました

少し前、24回目の結婚記念日を迎えました。

今年はコロナなので、自宅でシャンパンを飲みつつ。

「こんなに長いこと一緒にいてくれて、ありがとねー!」と、握手したりハグしたり(笑)

そんな結婚記念日でした。


ところで、最近感じていることが一つ。

それは「言い訳」について。


生きていれば、数えきれないほど、様々な壁にぶつかります。

若いときは、進学や就職に悩み。

社会人になると、結婚や出産に悩み。

社会人が長くなると、リタイヤ、老後資金、そして第2の人生なんてものもあるのです。


これは、どんな人にもあることで、問題や悩みのない人生なんてあり得ません。


でも人って前向きな生き物です。

壁があれば、それを乗り越えようとし。

悩みがあれば、その悩みをなんとか解決しよう努力します。


ところが、その問題の原因について考えたとき。

例えば、わが家のようなアラフィフ夫婦に身近なコトでいうと、老後の資金。

「老後の資金が貯まっていないのは、〇〇だから」のように。

〇〇には、家のローンだったり、不妊治療だったり、妻や夫が浪費家だったり。

お子さんのおられる方だと、子育てや子供の教育費だったり。

色々考えられます。


確かに、そうなんだと思います。

でも、この〇〇を、口にしてしまったり、ブログに書いてしまったりすると。

将来、孤独を感じる可能性、高いように思います。


どういうことかというと、問題の原因は「自分ではない」と言っているからなんです。

だって、家を買うことを決めたのは、自分ですよね?

不妊治療をすることを決めたのも、自分。

結婚すると決めたのも、自分。

子供を産もうと決めたのも、教育費にお金を使うと決めたのも、自分なんです。


話しは変わりますが。

自己破産するのが一番多いのは、40代なのだそう。

続いて、50代です。

これは、データで出ていることです。


私の周りでも、破産した夫婦はみんな40代でした。

そして、それらの夫婦に特徴的なことは、現状把握ができないということ。

特に、借金を直視できない傾向が強く。

中でも、住宅ローンが借金だという自覚がありません。


40代にもなると、早期退職やリストラだってありますし、病気だってするでしょう。

女性の場合は更年期がありますから、病気したことがない人でも、体調が優れず病院へ行く回数が増えます。

すると、住宅ローンがあって、収入ギリギリで生活していると。

何か問題が起こったとき、一気に自己破産への道を転がり落ちます。


不思議なことに、破産した夫婦は、見事なまでに「言い訳」します。

そして決まってその「言い訳」は、問題の原因は自分以外のところにあると主張するんです。

私は妻側の話しを聞くことがほとんどですから、大抵、その原因は夫になります。

あとは子供です。


その原因にされた方は、どんな気持ちになるでしょうか。

普通だと、傷つきますよね。

そして、自分にせいにされた人の心は、徐々に離れていきます。


また、それをブログに書いたり、友達に話したりしている場合。

何かのきっかけで、そういわれていることに気づくと。

その人に対して、心を閉ざすと思います。


わかりやすく自己破産で表現しましたが。

自己破産しなくても、身近な人に大切にされません。

身近な人を大切にしていなんだから、当然ですね。

結果、少しずつ時間をかけて、心のボッチができあがります。


実は「言い訳」をする人が気づいていないことが一つあります。

それは、問題の原因は自分にあると考えた方が、楽に生きられるということ。


理由は、自分を変えればいいだけだから。


問題の原因が自分以外のところにあると考える方が、苦労が増えます。

それは、ヒトって、なかなか変われないものだからです。

だったら、自分が変わった方が、簡単ですよね。


問題の原因究明はしっかりと。

でも、その対策を考える時は「他人にしてもらう」ではなく。

「自分でできること」を中心にした方が、楽になります。

そんなことを考えた、24回目の結婚記念日でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。