子なしの視点

2017年に書かれた、興味深いブログを見つけました。

 

面白いなぁと思ったのは、こちらです。

慈善基金の42%は子無しの人々による寄附だとする研究がある。子無し既婚者の遺書の48%で寄附が約束されている。これは親(子有り)ならわずか12%、祖父母(孫有り)ならほんの8%になる。

 

言われてみれば、当たり前にことですが、子供のいる人たちは、自分の子供お金を使います。

死んだ時、お金が残っていれば、子供が相続するのが普通ですし、子供の側もそれが当然の権利だと思っているはずです。

 

でも、そうなると、親のいない子供たちは、親からお金をもらうことができません。

学校へ行くためのお金、病気を治すためのお金は、国から援助を受けることもできるでしょうが、基本、自力で稼ぐ必要あるわけです。

 

ここで、子供のいない夫婦は、自由な発想のもと、残ったお金を誰に使って欲しいのかを選ぶことができます。

そうなると、親のいない子どもたちに、寄付を考えるのは、自然な流れですよね。

 

ちなみに、わが家の計画では、資産がそこそこ貯まったら、その運用益だけで生活していこうと思っています。

そうなると、もとの資産は、死んだとき、まるまる残る予定です。

その残ったお金は、いまのところ、こども病院に全額寄付を考えています。

 

お金をたくさん持っても、死んだら使えない。

そういう考え方もあると思います。

 

でも、お金をたくさん持ったら、親のない子供たちを助けることができるのです。

子どもがいないからと、ただただ、豪華な生活をするのではなく、実のあるお金の使い方があるんだ、ということを知ってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました