敏感肌にダメだったこと。

美容

30代の頃から、敏感肌で悩んでおりました。

詳しくは、

で説明しています。

 

そんな敏感肌なのですが、正月明けに大変なことになりました。

 

というもの、今年の年末年始は休みが長かったこともあり、リラックスしながら食べて飲んでの繰り返しだったのです。

それだけでもアラフィフの胃腸には負担なのに、普段の低糖質な食事を無視して、クリスマスにはケーキや菓子パンを食べて、お正月にはお餅を食べて、他にもあれこれ食べていました。

そんな生活を2週間ほど続けたら突然、胃痛がやってきたのです。

そして実は胃痛の2日くらい前から、肌が荒れて、乾燥してパリパリでした。

 

そのとき思い出したのが「皮膚は内臓の鏡」という言葉です。

「肉食女子の肌は、なぜきれいなのか?」という本に書かれていました。

 

暴飲暴食を反省して、正月休みが終わってからは規則正しい生活で、食生活もいつもの低糖質に戻しました。

あと、しばらくお酒を飲むのをやめました。

普段はビールを1本とか、ワインを1杯くらい飲んでいたのですが、それをまったく飲まずに過ごしたのです。

 

10日後、肌の状態がすごく良くなりました!

乾燥して粉吹き芋のようになることもなく、化粧のノリもよく、文句なしです。

 

お酒は毎日少しなら身体に良いなんて言われていますが、私の場合はお酒はダメだったようです。

 

あと、オメガ3は肌の状態を良くするとテレビでみて、毎日クルミを食べました。

そのオメガ3はタンパク質と一緒に食べると効果があると言われていたので、プロテインを飲む時にクルミを食べたりしていたのです。

これも効果があったのかもしれません。

 

「皮膚は内臓の鏡」という言葉通り、内臓を良くすることを考えると、肌の状態は良くなるのかもと思ったのでした。

いつもポチッとありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
美容
スポンサーリンク
ラムレーズンをフォローする
スポンサーリンク
子なしライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました