ネガティブからポジティブへ。気持ちのシフト方法。

主婦の孤独対策

あけましておめでとうございます!

2020年の幕開けです。

 

みなさんは良書の定義をどのように考えますか?

本には様々な種類があるし、読む側の心理もあると思うので、一概には言えませんが、私は「気づき」をいただけることが一番になります。

「こんな考え方があるんだ!」「こんな方法があるんだ!」「こんな見方があるんだ!」「こんな展開があるんだ!」などなどです。

そんな発見が生きていく上で役に立つコトであれば、最高の良書となります。

 

一番最近読んだ本は「孤独の達人 自己を深める心理学」です。

ざっと読んだ後、今、じっくりと読み返しています。

現在の私の心理状態とも関係していると思うので、すべての人にとってではないと思いますが、良書に分類されそうな予感がします。

 

どんな物事にも2面性がある。

色々なところで聞く言葉です。

確かにそうだと思います。

結婚していることの良い面と悪い面、独身でいることの良い面と悪い面、子供がいる夫婦の良い面と悪い面、子供がいない夫婦の良い面と悪い面、友達が少ないことの良い面と悪い面、友達が多いことの良い面と悪い面、必ずどちらもありますね。

でも、そういうことを頭の中では理解していたつもりでも、人から何かを言われたり、まったく逆の境遇で幸せそうにしている人を見ると、悪い面が頭の中をぐるぐるということもあると思うのです。

 

孤独の達人 自己を深める心理学」では、割と最初の方で

  • 孤独の否定的意味と肯定的意味

が説明されています。

そうなりたいとは思っていなかったのに1人になってしまったので寂しいと感じるのは否定的意味です。

1人ではあるけれど1人でも楽しいことはいくらでもあると感じるのは肯定的意味です。

ぼっちにも2面性のあることがわかります。

でも、寂しいという気持ちがあってはじめて孤独を感じるわけですから、どうしても否定的意味に吸い込まれてしまいがちです。

 

ではどうすれば頭の中を肯定的意味にシフトできるのかというと、少し先の

  • 「深い自己」を持つための四つの条件

で説明がありまして、

  1. 比較をやめる。競争しない。
  2. 一人の時間を十分に確保する。
  3. 自分の内側とつながる。
  4. 我を忘れて取り組めることを見つける。

のようになっています。

3は前回書いたフォーカシングを習得する必要があるので、難しいのかもしれません。

でも、それ以外は実行できそうな気がしませんか?

 

そしてそして、これら4つができるようになると、

  • 真に心が自由な生き方

になるのだそうです。

 

心が自由になるなんて、考えただけでワクワクします。

 

孤独の達人 自己を深める心理学」で、2020年も楽しくなりそうです。

今年もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました