子なし専業主婦が夫から離婚を言い渡されたら

夫が通勤用に使っている車が10歳になり、

  • そろそろ買い替えた方がいいんじゃない?

と、かれこれ1年ほど、勧めてきました。

でも、

  • まだ動いているんだから

と、夫はまったく買う気なし。

そんなとき、車のメンテナンスのために車屋さんへ行くことになりました。

車を修理工場に預け、その後、その横にある車の販売店で時間をつぶすためにうろうろしていると。

とても若くて可愛らしい女性のセールスの人が夫に話しかけてきたのです。

そして、夫に新しい車を買うように勧めてきました。

最初、買う予定はないと夫は引き気味でしたが、その女性から2時間ほど説明を受け、車を試乗し、なんと、買うことを決めてしまったのです。

ふと、

  • 人の心って何がきっかけで変わってしまうのか、わからないものだな

と、思ったのでした。

思えば結婚してから20年間、ラッキーなことに、まだ夫婦として一緒に暮らしています。

でも、夫が他の女性を好きになったり、事故で死んでしまったり、いつなんどきそんなことが起こるやもしれません。

そんなこと、考えただけで悲しくなるし、不安だし、やりきれません。

でも、人間性心理学者のマズローの本によると、

  • 人は先が見えないと不安になる生き物

なのだそうです。

ということは、

  • 夫から離婚を言い渡されたとき
  • 夫に先立たれたとき

どちらの場合も、自分がどうするかを決めてしまえば不安にならないのでは?

ここで、

  • 辛かったり悲しかったりする気持ちはひとまず横に置いておく

ことにします。

だって、辛いときは辛いし、悲しいときは悲しい。

これは、変えることはできません。

1人で乗り越えるしかないのです。

でも、万が一のとき、生きていくために何が必要かは、事前に考えておくことはできます。

例えば、

  • 住む場所と仕事

は、絶対に必要です。

でも、住む場所は見つかっても、専業主婦をしてきた私がすぐに仕事を見つけることができるのでしょうか。

そこで、少しでも条件を良くするために、

  • 住む場所は仕事が決まってから決める
  • 仕事の内容は、賃金が安くてもなんでも、月々の収入が安定している仕事を探す

と決めました。

また、仕事探しに関しては、年齢的なこと、自分の持っているスキル、世の中の景気などで、なかなか見つからない可能性もあります。

そのため、夫が離婚を希望している場合は、

  • 最低1年間は仕事を探すための期間

として、金銭的な援助をしてもらうことにします。

あるいは、夫に先立たれた場合は、

  • 生命保険から払われる保険金

を仕事を探している間の生活費にあてます。

とにかく、

  • 仕事を探すまでに最低1年は必要

を前提に、その後の人生を考えることを決めました。

そして、実際に行動してみて、微調整をしながら、自立できるよう頑張るしかありません。

でも、一度決めてしまえば、あとは前へ進むのみですから、気持ちは楽になります。

先のことがわからず不安になったら、先の予定を自分で決めてしまう。

この方法で、大抵の不安は取り除けそうな気がします。

あとは、いざというときの現金をせっせと貯めて、備えておくことにします(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. どんぐり より:

    死別で一人ぼっちになってしまうことはよく考えますが、離婚で一人ぼっちになってしまうことはあまり考えたことがなかったので、この記事を読んではっとしました。今のところとても仲良く暮らしていますが、確かにいつ心変わりするような出来事が起きるかわかりませんよね。万が一そんな出来事が起きても離婚されないように、普段から努力しなくちゃなと思いました。(今は夫の優しさに甘えすぎている気がします…)

    • ラムレーズン より:

      どんぐりさん、こんにちは(^^)

      私のブログのせいで、余計な心配を増やしてしまったのかもしれませんね。ごめんなさいm(_ _)m 少し前にミック・ジャガーが73歳で子供ができたと聞いて、人もによるだろうけれど、男の人はいくつになっても子供を作ることができるのだなーと、改めて思ってしまったもので(^_^;) でも、離婚されないような努力は必要だと思うので、お互い、頑張って女を磨いていきましょう♪

      • どんぐり より:

        こんにちは、ラムレーズンさん。^^

        いえいえ、余計な心配が増えたというより、夫にもっとやさしくしてあげよう、夫にとってもっと居心地のいい家庭を作ってあげよう、夫の意見をもっと聞いてあげよう、そんな気持ちがわいてきました。それって、私たち夫婦の関係にプラスになることなので、この記事読んでよかったです。^^

        • ラムレーズン より:

          どんぐりさん、

          そんな風に言っていただいて、嬉しいです。ありがとうございますm(_ _)m 夫婦の形はそれぞれですが、私も、どんぐりさんのおっしゃるように、夫にとって居心地のいい家庭になるように努力したいと思います。ヨボヨボになっても、労りあえるような夫婦が理想です♪

  2. sai より:

    すばらしい記事ですね。
    より深く、その仕事の「内容」も突っ込んで調べてみるといいかもしれません。
    キャリアのない専業主婦のできる仕事って?
    トイレ掃除とかが大半でしょうね。
    そのつらさもリアルに考えたほうがいいでしょう。
     
    よく、男女逆では「妻がいなくなったら困るから男も家事できなきゃダメ!」と主張するおばさんが多いのに、なんで逆は考えないし主張しないのか不思議です。
    フェミニズム洗脳で勘違いした女性が多すぎてうんざりですね。

    • saiさん、こんにちは(^^)

      お褒めの言葉をいただきありがとうございます\(^o^)/

      saiさんのおっしゃるキャリアがどのようなものを指しているのかわかりませんが、今の世の中、どんなことがキャリアにつながるかわかりませんから、必ずしもキャリアのみを追いかける必要はないような気がします。それに、キャリアがあったからといって、必ずしも仕事があるとは限りませんし。saiさんにとってトイレ掃除を仕事にするのはつらいことなのですね。私は専業主婦ですから、トイレ掃除にそんなに抵抗がありません。どんな仕事がつらいと思うのかは、人それぞれですね。

      saiさんは「妻がいなくなったら困るから男も家事できなきゃダメ!」はフェミニズム洗脳によって出た言葉だと思われるのですね。私は、長年連れ添った夫婦の妻が夫を心配して出ている言葉のように聞こえます(笑)あるいは、「妻が病気したときくらいご飯作って欲しい」なんていう、思いやりを持って接して欲しい妻から夫への叫びのような気もします。やるやらないは別にして、女性も男性も、生きていくうえで最低限の家事はできた方がいいとは思いますけどねー。

  3. しいな より:

    おお、なんというお題。これぞ最悪に備えて最良を望むですね。私も考えておかねば。
    考えだすと何がどうなろうと100%悪くないと思えるのが少し気が楽です。私の今の課題は一人の部屋で寝ること。よく子どもの独立を期に寝室を別に。。などという記事を読むのですが、元から二人暮らしだとタイミングがなくてずっと同室かなと思っていました。でも(家人の出張とかで)別々に寝るとこれがぐっすり眠れるんです!仲良く別室を目指してがんばっていこうと思っています。ではでは、いつもとても良い刺激をありがとうございます。

    • しいなさん、こんにちは(^^)

      寝室を同じにするか、別にするかは、みなさん色々と思うところがありそうですね。やはり、ぐっすり眠れるというのは大切ですよねー。