レシピ本「まいにち小鍋」は毎日鍋を食べたくなるのか

少し前に、

にも書きましたが、

という本を買いました。

結論から先にいいますと、この本は二人暮らしのわが家にとって

  • 当たり!

でした。

味も美味しいですが、簡単に作れて、味のバリエーションも申し分ありません。

今回は、「まいにち小鍋」のレビューを書こうと思います。

スポンサーリンク

「まいにち小鍋」の構成とレシピの数

まず、まいにち小鍋は、5章に分かれています。

  • 第1章 帰って10分でポッカポカ! 定番鍋
  • 第2章 「家飲み」にぴったり! おつまみ鍋
  • 第3章 ひと手間かけて激うま鍋
  • 第4章 疲れたときに効く! 薬膳ヘルシー鍋
  • 第5章 冷蔵庫がカラッポ! 即席コンビニ鍋

第1章は、材料さえ揃っていれば、鍋で煮るだけの超簡単小鍋料理。

第2章は、使う具材が少なく、シンプルだけど、お酒のおつまみにピッタリの小鍋レシピ。

第3章は、時間に余裕のある週末などの作ると良さそうなお鍋の作り方。

第4章は、使う食材に滋養強壮などの効果があるものを使ったヘルシー料理。

第5章は、コンビニで買える食材でさっと作れるお鍋。

各章、10種類前後のレシピがありまして、合計すると約50種類ほどになります。

「まいにち小鍋」から3品作ってみた感想

この本の著者は

  • 小田 真規子さん

です。

NHKのきょうの料理に掲載されているレシピは、

から見ることができます。

本を買ってから3品作りました。

  1. 豆腐とじゃこの海苔鍋
  2. ごぼうと牛肉の柳川鍋
  3. 鶏団子のちゃんこ鍋

どれも美味しかったです(*^^)v

小田真規子さんの味付けは、味がはっきりしていて、狙っている味がすぐにわかります。

なので、最初の一口で

  • 美味しい!

と思えます。

試しに、本ではなく、きょうの料理で紹介されている

も作ってみましたが、同じでした。

「まいにち小鍋」の良い点

まず、

  • 出汁を取るという手間がないものが多い

ということ。

出汁を取らないか、昆布を1枚入れるか、鰹節などで出汁を取るかの3択です。

50種類あるレシピの中で、かなりの数、出汁やスープを作る必要ありません。

かといって、化学調味料の入った粉末ダシや鶏がらスープの粉末なども使わず、とても自然な味付けのものばかりです。

この出汁を取るという作業ですが、最近は、出汁パックが売られているので大した作業ではありませんが、使っている出汁が同じものであれば、完成した料理も同じ味になりがちです。

でも、まいにち小鍋はその出汁を使う必要がないので、

  • 1つ1つの鍋に個性がある

のです。

この本では、和風の小鍋レシピが一番多いようです。

他には、中華風、韓国風、タイ風、イタリア風などがあります。

おそらく、使う食材と調味料、どちらにも工夫がされているためだと思います。

夕飯の1品としては、充分すぎるくらいです。

「まいにち小鍋」を上手に利用するために

このレシピを利用すると、

  • 一人暮らしの人は夕飯に
  • 二人暮らしの食事の1品に

なります。

4人家族などの場合は、分量を1.5~2倍くらいにすると1品になる量です。

まいにち小鍋で使う鍋ですが、

  • 6号サイズの土鍋

が一番適当な気がします。

あるいは、

  • 直径が20cm弱の普通の鍋

でも作れます。

あとは、本の中にも書かれていますが、下準備をしておけば、あとは短時間煮るだけになります。

あるいは、朝作っておけば、夜温めて食べることもできます。

さいごに

料理本は当たりハズレがあります。

私の経験では、当たりは10冊に1冊程度です。

この本は、当たりでした!

ただし、かなり、今どきの味です(笑)

コンビニや、化学調味料やレトルトに慣れている方にも、美味しいと感じることができるレシピだと思います。

反対に、自然な味付けに慣れている方には、少々味付けが濃いと感じるかもしれません。

それでも美味しいので、今年の冬は、この本から順番に作っていく予定です(*^^)v

スポンサーリンク