子なし夫婦の老後は余裕がある?

ちょっと下世話な話しですが、子なし夫婦ってお金貯まると思うのです。

20代、30代で不妊治療をされている方、された方は、

  • 不妊治療代で使ってしまってすっからかん!

という方もいるかもしれません。

でも、40代、50代に挽回することは十分可能です。

というわけで、今回は、子なし夫婦のお金の話しです。

スポンサーリンク

45歳まで

子供を育てるためにいくらかかるのかを調べてみると、

  • 0~2歳は年間84万円
  • 3~5歳は年間122万円
  • 6~11歳は年間115万円
  • 12~14歳は年間156万円

が平均です。

合計すると、中学を卒業するまでに

  • 1776万円

になります。

一方、子なし夫婦さんで不妊治療をされた方は、

  • 1000万円くらい使った

という方もいると思います。

私が不妊治療をしていた頃は、不妊治療専門病院も少なく、飛行機や新幹線で通っていた人も多くいましたし、保険が効かずに、体外受精で100万円、顕微授精となると200万円という病院もあったので、本当に、財布と相談しながらという感じの人が多かったです。

ただ、不妊治療をして、その後子供が産まれた場合、子育ての費用がまったくないというのも不安なので、やはり、不妊治療に費やすのは、共働きでも、頑張って1000万円のように思います。

ここで、日本人女性が最初の子供を産む平均が30歳なので、45歳のときに子供は15歳になっています。

となると、

  • 子あり夫婦さんは子育てに1700万円
  • 子なし夫婦さんは不妊治療に1000万円

使ったとしても、

  • 子なし夫婦の方が700万円

余裕があります。

45歳以降

次に、45歳以降ですが、子あり夫婦さんは、高校生になった子供をかかえ、

  • 高校の学費
  • 大学受験
  • 大学の学費
  • 大学から一人暮らしをさせている場合は生活費

などなど、学校が公立か私立かでも異なりますが、ざっくりと

  • 500~1000万円

かかるとします。

一方、子なし夫婦の場合は、不妊治療にお金は使わないので、

  • 500~1000万円の余裕

があるのです。

また、サラリーマンの給料は、50歳前後がピークと言われています。

子あり夫婦さんは、子供が自立するときには、そのピークを超えているのです。

それに対して子なし夫婦の場合は、一番お金を貯めることができる期間となります。

お金の貯まる他の要素

子育てにかかる費用を差し引いいただけでも、子なし夫婦は十分にお金が貯まるのですが、それ以外にもお金の貯まる要素があると私は考えています。

それは、

  • 仕事に集中できる時間が長い

ということです。

子あり夫婦さんは、子育てに時間を取られます。

子供が小さいときは、夫婦で初めてのことだし、価値観の違いなどからストレスを貯めている人も多く、かなりお疲れ気味です。

それに対して、子なし夫婦は、子育て全般に使う時間がまったく必要ないので、その分、時間的には余裕で仕事に向かうことができます。

子供がいなければ、夫婦喧嘩になるような要素もないので、精神的にも余裕があるのです。

また、会社から異動の事例が出れば、子なし夫婦は身軽に移動できますが、子あり夫婦さんは、子供の学校などのこともあり、夫のみ単身赴任、最悪の場合は会社を辞めてしまいます。

つまり、子なし夫婦の方が、仕事への評価も上がり、出世もしやすく、単身赴任などで余計な出費もありません。

さらに、私は子なしの専業主婦ですが、投資を勉強する時間はありますし、その投資で儲けを出すこともできます。

また、趣味に情熱を持つことができれば、その趣味を仕事にという可能性も大いに有り得ます。

時間があるということは、ただ時間に余裕があるということだけではなく、何に対しても余裕を持って取り組むことができるということです。

最後に

というわけで、不妊治療にお金を使い果たしたという方も、子なし夫婦の場合は、何も考えずにお金が貯まる傾向にあります。

ただ、お金に余裕があるからと言って、贅沢三昧な生活をしていると、子なし夫婦にとっての老後は、子あり夫婦の老後よりお金を使うことになりますので、注意が必要です。

(詳しくは「身寄りのないおひとり様や子なし夫婦が考えておきたい老後とお金」をご覧ください。)

スポンサーリンク