40代後半の専業主婦の物忘れ

私は今年47歳になったのですが、女性ホルモンのバランスが悪いのか、単なる老化なのか、心身ともに色々なことが起こってます(^_^;)

その中でも心配なのが、物忘れです。

同じ年代の人に聞くと、みなさん、私ほどの物忘れはない様子。

そこで、認知症も含めて色々調べて、自分なりに脳に良さそうなことを始めました。

というわけで、今回は、物忘れについて書こうと思います。

スポンサーリンク

私の物忘れ

最初に、書きだすのも恥ずかしいですが、私の物忘れは、

  • ヤカンに火をかけたまま忘れる
  • 人の名前が出てこない
  • 何をするためにその場所へ来たか忘れる
  • 同じネタを話す
  • シャワーを浴びているときに顔を洗ったかどうかを忘れる

などなど。

ヤカンに火をかけたまま忘れるというのはたまに聞きますが、シャワーを浴びているときに、顔を洗ったかどうか忘れるというのは、あまり聞いたことがありません(^_^;)

あと、同じネタを話すというのは、実は自分では気づいていませんでした。

以前、私と同じ専業主婦さんと話しをしていたら、

  • その話し前も聞いたな

ということが何度もあり、それも、まったく同じフレーズなことに驚いたのです。

その話しを夫にすると、どうやら私も同じことをしているらしく、愕然としました。

念のため、オンライン認知症診断を実行しましたが、認知症ではないようで、一安心。

でも、このままではいけないと、それ以来、Lumosityという脳トレアプリにお金を払って毎日するようにしました。

結果、計算は早くなった気がするけれど、それ以外はあまり効果を感じられないというのが現状です。

脳には脳トレではなくて有酸素運動

という本を読みました。

この本に書かれいてることは、タイトルの通りなのですが。

大切なことは、

  • 脳の血流を良くすること

で、その証拠となる情報がたくさん書かれていました。

驚いたことに、

  • うつ病を治すのに有酸素運動は有効である

ことがわかっており、実験の結果、薬を飲むのと同程度の効果があることがわかっているようです。

(うつ病の原因となっているものにもよりますし、飲んでいる薬の種類にもよりますが、詳しいことは本に書かれています)

また、月経前症候群(PMS)や更年期などの女性ホルモンの変化による様々な症状も、有酸素運動をすることで症状が軽くなるようです。

本ではなく、インターネットでも調べました。

数年前のことですが、30代から40代の運動が、老後の脳に影響するという研究を見つけました。

人は加齢と共に、少しずつ脳が小さくなっていきます。

でも、

  • 30代から40代に運動してきた人は、60代になったときの脳の萎縮が、運動してこなかった人と比べて遅い

のだそうです。

この研究から、若い時の運動は、将来アルツハイマー型認知症を遅らせる可能性があると注目されています。

ちなみに、この研究に使われたのは、トレッドミルと呼ばれるルームランナーで、脈拍を計りながらルームランナーで走り、毎回、苦しくなるまで走り続けるのだそうです。

ルームランナーの実験とは別に、脳を若く保つために、良いとされている運動もあるようで、その研究では、心臓に良いとされる運動は脳にも良く、

  • ランニング
  • 水泳
  • エアロビクス
  • ラケットボール
  • 太極拳

などがあげられていました。

やはり、全体的に有酸素運動が多いようです。

ちなみに、これらの運動をしている人は、平均で10歳も脳を若く保てるんですって!

反対に、脳を若く保てない運動としては、

  • ウォーキング
  • ゴルフ
  • ボーリング
  • ヨガ

など。

ということは、犬と散歩するのは、脳の若さを保つのには影響ないのですね?

でも、この研究結果を知ってからというもの、やっぱり水泳は脳にも体にもいいのだと、続けています。

お酒は嗜む程度

次に、お酒ですが、飲む量によっては、脳に影響があるようです。

  1. お酒をまったく飲まない人
  2. お酒を1日に1杯から2杯飲む人
  3. お酒を毎日たくさん飲む人

に分けた場合、一番アルツハイマー型認知症になる確率が低いのが、

  • お酒を1日に1杯から2杯飲む人

なのだそうです。

ショッキングなことに、お酒をまったく飲まない人と、毎日たくさんお酒を飲む人の、アルツハイマー型認知症になるリスクは同じなのですって。

熟睡すること

最後に睡眠です。

不眠や、睡眠時間が短い、夜中に度々目の覚める人は、アルツハイマー型認知症になる確率が高くなるようです。

熟睡している時間が長いことが、認知症の予防に繋がるようです。

また、睡眠パターンの変化は、アルツハイマー型認知症の初期症状の1つになるという研究もあるので、規則正しい生活と運動を心がけるようになりました。

まとめ

私は子なし主婦な上に、友達が少ないということもあって、人と向い合って話しをする機会がほとんどありません。

ライフスタイルはどちらかというと「のんびり」な感じで、子あり主婦さんたちと比べたら、脳に対する刺激が少ないと思うのです。

なので、47歳にしてはボケすぎなのではないかと焦りましたが、脳トレ、運動、睡眠、お酒はほどほどを頭に生活をはじめました。

正直、脳トレはあまり効果を感じなかったのですが、水泳をするようになって、それも、息が上がるくらい激しく泳ぐようにしたら、脳がシャキッとしてきた気がします。

(それまでは、少しぼんやりしていた感じ)

あと、上記のこと以外に食事にも気を使うようになったので、そちらが影響している可能性もあります。

ただ、食事に関しては、思っていた以上に奥が深く、また別な機会に書こうと思っています。

というわけで、何が良いのかはっきりとした答えはないのですが、少なくとも、危機感を持って、できることはやるという気持ちが大切なのだと思っています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク