夫婦の会話がないときにしていること

以前、結婚したばかりの女性から、

  • 夫と会話がないんですが、ラムレーズンさんのところは毎日何話されてます?

と聞かれたことがあります。

すぐに答えた見つからず、そのときは、その女性の話しを聞いただけで終わってしまいました。

そこで今回は、夫婦の会話を増やすために私が実行していることを書こうと思います。

スポンサーリンク

食事をネタにしてしまう

大抵の夫婦は、食事のときに会話をすると思いますが、その食事を話題にするというのは、いつも私が使っている手です。

方法はすごく簡単で、

  • 珍しいものを食べる

ということなのですが、

  • 今まで食べたことのない食材を使ってみる
  • 今まで食べたことのないレシピを作る

です。

私はNHKのきょうの料理が大好きなのですが、そのオンラインのWEBサイトに

というものがありまして、よく利用します。

今まで作ったことのないレシピを作ると、食いしん坊の夫は、

  • なにこれ?

ではじまって、私は

  • さて、なんでしょう?

と、その後、食事中はそのレシピに使われている食材や調味料について話題になって、食事が終わるまで楽しめます。

以前何かで読んだのですが、食事を食べながら、それが何かを話し合うのは、五感が刺激されて脳に良いのだそうです。

これは、取り入れない手はないですよね?

夫の1日の様子をきいてみる

もう10年以上も前のことですが、夫は仕事の人間関係が最悪だったときがありました。

夫は一言もそんなことを私に話さなかったので、私はまったく気づきませんでした。

でも、それがわかったのは、なんと寝言。

夫は毎日寝言で怒っていたのです。

それも、かなり大きな声で。

私は心配になり、夫のストレスになるようなことはないのかをききました。

最初は「別にないよー」と言っていました。

でも、寝言を言う度に、何度もきいたのです。

すると、やっと、上司とうまくいっていない、と話してくれました。

夫は自分は何も悪いことをしていないのだから、負けたくなかったようです。

でも、私はすぐに転職をすすめました。

パワハラとも言えるようなことをする上司に何を言っても、絶対に何も変わりません。

変われるのなら、パワハラのようなこともしてないでしょう。

それに、こちらの精神がやられてしまう方が先かもしれないのです。

結果、社内異動を申し出て、半年後には別な部署へ異動をして、ケリがつきました。

こんなことがあって以来、週に2、3回はご飯を食べながら、「今日は仕事どうだった?」ときくようになりました。

最初は、夫の様子が心配できいていたのですが、今は、夫がどんな仕事をしていて、まわりにどんな人がいるのかが知れて、案外と面白いです。

「その仕事は楽しいの?」とか、「その人はどんな人なの?」なんて質問をはさみつつ、会話を楽しんでいます。

未来のことを話す

シンプルに、「お盆やお正月、何する?」にはじめって、「老後どんな風に過ごしたい?」など、近い未来から、遠い未来までを話題にします。

老後に関しては、どんな風に過ごすかによって準備する老後資金も異なりますから、夫婦で足並みを揃えるためにも、少しずつ話し合っていきたいですね。

ただ、日々、一生懸命仕事をしている男性にとっては、かけ離れた話題になる可能性もあるので、平日の忙しい時間より、休日ののんびりした時のほうが適しているかもしれませんね。

ペットについて話す

うちは、大型犬を2匹飼っています。

子犬のときは、夫婦の会話と言えば、毎日犬のことばかりでした。

今は、毎朝は2人と2匹で散歩をしながら、犬のこと、仕事のこと、老後のことを話しています。

話しをするタイミングも重要

夫婦の会話内容とは別に、話しをするタイミングも考えないといけません。

夫は一日中脳みそフル回転で、仕事が終わって帰ってくると家ではぐったりです。

そこで、夫をよーく観察します。

私の夫はエンジニアですが、長時間脳みそをフル回転させた日は、帰ってから放心状態なことがよくあります。

ただ、毎日様子を見ていると、仕事帰りにスポーツクラブで運動をして帰ってきた日は、普通に会話ができるのです。

おそらく、職場を出たときは頭が仕事のことでいっぱいで、その後、運動することで、頭がほぐれるのだと思うのです。

なので、

  • 仕事帰りに運動をする
  • 帰ったらすぐにお風呂に入る
  • ビールに軽いおつまみで一息入れる

などがあると、話しがしやすくなるのかな、と思います。

話しがしやすいタイミングは人それぞれですから、夫を良く観察すると見えてくると思います。

さいごに

夫がお金を稼いで、妻の私は家事をする。

この関係で夫婦に会話がなければ、私は単なる家政婦です。

そのため、私は、会話がなければ夫婦でいる意味がないと思っているところがあります。

だから、1日最低5分でもいいので、夫とは会話をするようにしています。

話しかけたりもしますし、そばにいって話しかけられるのを待つときもあります。

たまに、長いこと夫婦をしていると阿吽の呼吸で何も言わなくてもわかる、という方もおられますが

私は、できればずっと夫婦の会話を楽しみたいと思っています。

そして、その夫婦の会話が楽しめないときは。

その原因を考えることも必要です。

私の場合は、私自身が人生を楽しめていないときは、夫婦の会話も楽しめないようで。

そのため、まずは、私の人生が楽しくなるように努力することが先決だと考えます。

お互いが笑って過ごせるように、まずは私が笑って過ごすことが重要なようです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク