ご飯をラクに作る方法

毎日の食事の準備、大変ですね~。

ご飯を作るのだけでも大変なのに、美味しくて、栄養バランスもよくてなんて、無理無理~。

今回は、とにかく、毎日の食事の準備を簡単にする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

とにもかくにも下準備

ご飯を作るのを楽にするには、とにもかくにも

  • 食材の下準備

が肝心。

どういうことかというと、

  • 野菜は下茹でする
  • 肉は蒸すか茹でる
  • 魚やグリルで焼くか蒸す

のようにします。

緑の野菜は色鮮やかにするため、軽く塩を入れて茹でるのがおすすめ。

根野菜で色が悪くなりそうなもの(れんこん、ごぼうなど)は、軽く塩とお酢を入れて茹でると色が悪くなりません。

肉は、余力があれば、1晩お酒に漬けて、20分蒸して、10分そのままにすると、とても柔らかくなります。

魚は軽く塩をふって焼くのがおすすめ。

下準備ができていると、食べる食前に味付けするだけで済みます。

下準備できている食材を少しずつ使えば、野菜炒めなんてフライパンで食材を少し温めてから味付けすれば、5分かかりません。

味付けは、

  • 塩コショウ
  • 塩コショウ+醤油
  • 塩コショウ+醤油+鰹節
  • 塩コショウ+チキンスープの素
  • オイスターソース
  • オイスターソース+醤油
  • オイスターソース+豆板醤
  • 甜麺醤
  • 甜麺醤+にんにく

などなど、無限大です。

フライパンを使うのが面倒なら、お皿に盛り付けて温めてから、サラダドレッシングをかければオケー。

オーブントースターがあれば、チーズをふりかけて焼くだけでも1品です。

肉は、その都度切って使うもよし、1cm角に切っておけば、サラダのトッピングにも使えます。

魚は、できだけたくさん一度に焼くことで、グリルの掃除の回数を減らすこともできます。

焼いた魚はパサパサしがちなので、少しお酒をふってレンジでチンしたり、フライパンで温めてから甘辛くしたり、バター醤油にしたり、スープに入れたり、そぼろにしたりして使います。

1週間に1回の下準備で、残りの6日間、ラクしましょう!

保存は真空パックがマスト

下準備したものを真空パックすると、良い状態で、長く保存できます。

わが家で使っているのは、Foodsaverの容器タイプ。

写真の容器は、

で、かれこれ1年くらい使ってますが、これは本当に便利!

下準備した野菜は、すべてこの容器に入れて保存。

1週間もちますよ~。

(真空にするにはFoodSaver専用の真空パック器を使います。)

冷凍保存ができないじゃがいもは、皮付きで茹でるか蒸すかして、ビニールの真空パックに小分けにして保存。

大きなものは、4等分にしてから保存すると、空気が入らず、長期間保存可能です。

冷蔵庫で保存できるので、お弁当のおかずにしたり、お昼ご飯としてつまんだりできます。

ワンランク上の調味料を使う

簡単に、でも美味しくと思ったら、考えるべきことは2つ。

1つは、素材選び。

もう1つは、調味料選び。

素材に関しては、味付けなしでも美味しくいただけるものを選ぶと、素材の味を楽しむことができるので簡単。

でも、見ただけで、素材の味までは判断できませんねー。

そこで、調味料を選ぶときに、少々高くても、美味しいものを選ぶ、ということ。

調味料が美味しいと、野菜を食べる時、塩を少しふるだけでも十分いただけるんです。

海水の旨味がたっぷりの天日塩を使ったり、トリュフ入りの塩を使ったりするだけで、すごーく美味しいおかずが簡単にできますよ!

ちなみに、わが家で普段使っているのは、

お肉につけたりするのは、

を使っています。

塩以外にも、醤油や味噌など、少し値段が高くても美味しいものを選べば、おかず1品は調味料の美味しさで誤魔化せます(笑)

一度にたくさん作る

毎日ラクしたかったら、とにかく一度にたくさん作る(笑)

これは定番の方法ですね。

例えば、ハンバーグ。

牛と豚の合い挽きを大量に買って、

  • 夕飯のおかずにするのは大きめサイズ
  • 作り置きに小さめサイズ

を作ります。

大きめサイズはその日に食べ、小さめサイズは2個か4個の小分けにして真空パックして冷凍保存。

小さなサイズのハンバーグは、ミートボールにしたり、スープに入れたり、大根おろし+ポン酢をかけたりできます。

また、フライパンを使うのは1回なので、洗う手間も省けて時短にもなるんです。

ハンバーグと似たものでは、とんかつとチキンカツも大きめサイズと小さめサイズを作ります。

そして、揚げ物も、揚げたものをペーパータオルにくるみ、真空パックして冷凍保存します。

ペーパータオルにくるむとベタつきが減って、真空パックにすると長く保存できます。

冷蔵庫で自然解凍して、オーブントースターか電子レンジで温めて食べます。

他にも、そぼろ肉、牛丼、カレーなど、冷凍できるものは、一度で大量に仕込んで、ご飯を作る元気がないときの1品にしちゃいます。

香味野菜も大量に作り置きします。

例えば、

  • 長ネギ
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • 生姜

などです。

新鮮な状態で、みじん切り、薄切り、すりおろしにして、冷凍保存しておけば、腐ってしまうこともないし、フープロも一度出すだけで済みます。

さいごに

ご飯をラクに作るには、やはり、週に1回の下準備をする習慣をつけるのが一番。

下準備で食材の火が通っていれば、あとは、ちゃちゃっと味付けするだけですから、超短時間で1品が完成します。

あとは、無理しない範囲で一度にできるだけ大量に作って、保存状態を良くするために真空パックを使う。

そしてなによりも、シンプルな味付けでもじゅうぶん美味しいおかずはできますので、常にアンテナを張って、お気に入りの調味料を見つけましょう!


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク