時短って、実はそんなに意味がないような気がしてきた

毎日同じことを繰り返す、家事。

同じことなのだから、効率よく時間を使いたい~と思いますよね。

私も、家事の時短をして、本を読む時間の捻出方法について考える日々です。

その時間についてですが、そもそも、

  • なぜ効率よく時間を使いたいのか?

を考えたことはあるでしょうか。

私は繰り返される掃除、洗濯、炊事の時間を少しでも短くして、趣味の時間を増やしたい!

普段、時間に追われている方は、もっと自分の時間が欲しいと思うでしょうし、もっと家族と会話の時間を増やしたいでしょうし、時間を節約して、他のことに取り組みたいと思われていることでしょう。

ではここで、実際に時短ができたとしましょう。

でも、一生懸命工夫して時短して、何分時短できたか把握してますか?

お恥ずかしいことに、私は把握できていません(^_^;)

また、10分時短できたとして、その時間を、本当に自分の時間や趣味の時間として使えているか?

ごめんなさい、使えてないです(´・ω・`)

でね、よーく考えたら、時短が必要な人って、仕事をして、小さなお子さんの子育てもあってという方向けですよね。

いわゆる、働くママさんたち。

私は働くママさんじゃないし、子育てもしていないし、夫婦2人暮らしだし。

おまけに、家事は週に1回一通りして、あとは必要な時に必要な部分をちゃちゃっとするだけ。

時短する必要ないですよね(^_^;)

だから、時短が必要な方は時短を、私と同じで、比較的時間に余裕のある方は、昨日書いたような、お金を増やす時間を増やしていくことに集中した方が有意義なのかも。


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク