自然と幸せになれる

昨日は、20代、30代であればいくらでもやり直しはききますよー、ということを書きました。

でも、私と同じような人生をおすすめするかというと、まったくそんなことはありません。

だって、本当にしんどかったから(T_T)

若い時の苦労は買ってでもせよ、なんて諺があるけれど、苦労なんてない方がいいです。

だって、苦労したからって幸せになれるかというと、決してそんなことないんですから。

それよりも、こちらは昨日ツイッターにつぶやいたことです。

できないことに時間をかけるより、できることからはじめる方が、精神的に楽だし続く。でもって続けていると、ひょんなことから新たな発見があって、気がつくとできなかったことができるようになっていたりする。身の丈を知るというのは、できることからできる範囲でするということなのかも。

できることを探して、できることから自分の世界を広げていく。

これが幸せにつながると実感しています。

よく、人に親切にすると幸せになれるとかいいますよね。

確かに、そうなのかもしれません。

でも、私は小心者なので、人に親切にしてもその人にとってはありがた迷惑になっていないかな、と心配になるんです。

5年くらい前だったか、私の住んでいる国で人に親切にすることが流行りました。

その延長線上で、知らない人に心温まる言葉をミニカードに書いて渡すというのが流行ったんです。

ある日、犬と散歩していたら、見ず知らずの女性からいきなりそのミニカードを渡されたのです。

カードには、「きっとあなたにも良いことが起こる!」のような言葉が書かれてました。

まったく嬉しくなかったし、そのカードをすぐに捨てることに罪悪感を持ってしまって、反対に嫌な気持ちになってしまったのです。

その女性は善かれと思ってやったことでも、人によって感じ方は違うわけです。

人のためにお金を使うと幸せになれるともいいますよね。

でも、バレンタインのチョコや誕生日プレゼントやおすそ分けって、気持ちはとてもありがたいけどお返しが面倒なんです。

特に、仕事をしているときは、日々、忙しくしているのでそれを強く感じました。

だから、私は幸せになりたいけれど、自分が幸せになりたいからといって見ず知らずの人に対して親切にもしないし、身近な人にお金も使いません。

でも、人のために何かをするということは、おそらく自分の幸せにもつながるというのは

なんとなくイメージできます。

だから、できることをできる範囲でする、ということにフォーカスしつつ、人のための何かを考えたら、できることが見えてきました。

その1つが、人の話しを聞くということ。

もう1つが、編み物を教えること。

今は、週に1回を目安に、最大で週に2回まで。

残りは自分のために時間を使います。

たったこれだけですが、自分にできることをできる範囲でしていると、自己肯定感が少しずつ上がります。

自己肯定感が上がると自然と幸せを感じます。

週に1回でも、月に1回でも、年に1回でもいいから、できることをできる範囲で人のために。

続けていきますよー!


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク