夫の浮気が心配?

夫の浮気をまったく心配しない妻

男は浮気するものだと考える妻

色々あると思います。

脳科学者の中野信子さんの本

不倫によると、日本では

配偶者ありで配偶者以外に関係を

持っている人がいる割合は

  • 男性40代 29%
  • 男性50代 30%
  • 女性40代 10%
  • 女性50代 20%

なのだそう。

2011年のデータです。

以前、男は浮気をするか?という

話題になったとき、

浮気しない男はいないと

断言する人がいましたが、

その人のまわりでは、本当に

浮気する人ばかりだったようです。

私は人によるのでは?と

思っております。

ただ、夫に限って言えば、

少し心配しています(笑)

これは夫が男前だとかではなく

単身で海外へ赴任した

男性の浮気率の高さを知って

いるから。

ありえんくらい高確率!

夫は単身で赴任している

わけではないけれど出張が

おおいので、心配。

他にも、海外で出会った女性と

恋に落ち離婚というのも

ちらほら。

ひどいのは、結婚したら、

妻が翌日いなくなったというのも。

これは国籍を狙った結婚詐欺。

けっこうあるんですよー(T_T)

夫自身もロシアへ出張したとき

女性があまりにも美しくて

吸い込まれそうになったとか

とあるアジアの国へ行ったとき

国民性が素直で可愛いとか

話していたことが。

そんな風に思っているときに

本気で口説かれたら、

イチコロなんだろーなーと(-_-;)

話しを不倫にもどしまして

本では、人には不倫する遺伝子

なるものがあり、その遺伝子を

持っている人は約5割!

半分ですよー(@@)

そして、その遺伝子を持つ男性は、

未婚率、離婚率も共に高く、

さらに、パートナーへの不満度も

高くなるんだとか。

妻の愚痴を言っている男性は

要注意ということです!

ただ、不倫遺伝子があるから浮気を

するかというと、そういうわけではなく、

愛着スタイルも関係してくるとか。

愛着スタイルは、

その人の親との関係で決まります。

親と一緒にいるときに、

幸せホルモンとも呼ばれるオキシトシン

これを、受け取るお皿のようなものが

しっかりと形作られるかどうか。

またその人が持つホルモン。

やはり男性ホルモンの強いひとは

浮気しやすいようです。

つまり、浮気の原因は

遺伝子や愛着スタイルや

ホルモンの強さであることが

わかっているので、実は

いくら妻が努力しても無駄な場合は

あるということ(´・ω・`)

なので、するべきことは

夫婦で一緒にいるときに

幸せホルモンがでるように

努力すること!

ちなみに、恋愛している時に出る

ホルモンはドーパミン。

同じ相手だと、ドーパミンは

人にもよりますが大抵1~2年で

でなくなるそう。

なので、昔々に3年目の浮気という

演歌がありましたが、

これは間違ってない(笑)

そして、3年目の浮気に

ならないためには

幸せホルモンのオキシトシンが

重要。

ただ、このオキシトシンは

セックスで分泌されるものなので

セックスありな方は少し安心。

セックスレスな方は少し心配。

でも、オキシトシンは

セロトニンというホルモンにも

引っ張られるものなので

セロトニンが分泌されるような

生活をすること。

セロトニンは朝日を浴びたり、

早寝早起きの規則正しい生活など

健康に良いとされていることを

実践していればいいので

そーんなに難しくはありません。

わが家は、毎朝夫婦で犬の散歩を

しているんですが、朝日浴びてるし

早寝早起きしてるし

セロトニンが分泌されてると

いいなーと(笑)

そんなわけで、

浮気されないための対策は

たくさんあるわけではないのです。

夫婦で幸せホルモンを積み上げて

あとは夫を信じるのみ(^人^)


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク