40代で住宅ローンを完済すべき理由

家を買うとき、適当に

買う人はいないと思いますが

なぜ家が欲しいのかを

深く考えない人というのは

けっこういます。

単純に家が欲しいから買う。

あるいは、家賃を払うなら

家を買った方が得だから買う。

などなど。

私は、住宅ローンが払えずに

家を没収された夫婦を

2組知っています。

2組とも、片方が病気になって

収入が減ったりゼロになったりで

医療費を払うことも大変

生活費も足りなくなり、

アラフィフであっという間に

破産の道へ転がり落ちました。

(私の住んでいる国は

医療費が高いと言われていますが

2組とも恵まれた保険を

持っている人たちでした。)

その2組に共通するのは

収入から計算された

購入可能な金額ギリギリで

家を買っていること。

当然、毎月の生活費は

ギリギリになりますから、

貯金は貯まらない。

もう1つ共通していたのは

人からどう見られるかを

とても気にする人たちだった

ということ。

他人より優れた自分を演出するため

自己投資、自分へのご褒美

という2つの名目のもとに

お金を使います。

でも生活費はギリギリですから

カードローンをして買うわけです。

それでも20代、30代であれば

失敗しても体力がありますから

頑張って働けば立て直し可能。

でも、40代になると

そうはいきません。

まずい状況だと気づき、

どちらの夫婦も妻が

良い条件の仕事を探すのですが

見つかりません。

ここで人からどう見られるかを

気にする人たちなので

探す仕事が非常に高望み。

50歳から挑戦をするなとは

いいませんが、借金の返済が

目の前にきているのに

学校へ行くとか、

あれは嫌だ、これは嫌だと。

また、一部の人を除いて

収入は50歳を境に下がることが

わかっています。

さらに50代になると

女性も男性も、あちこち

気になるところが出てきて

病院へ行くことが増えますから

出費も増えます。

なので、初めて家を買うなら

30代まで。

それも夫の収入のみで買える

金額のものを買う。

そして住宅ローンは

妻の稼ぎを繰り上げ返済にあて

40代で完済させる。

そして、万が一のときのお金は

絶対に確保しておくこと。

これができなければ

家は買わないほうがいい。

家を買うというのは

人生で一番大きな投資です。

その投資のリスクを

50代までかかえるのは、

不安が増すだけ。

今度、景気が後退するかも

しれない状況下、

不安なことを1つでも多く

なくしておきたいですね。


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク