モヤモヤを捨てる。40代の断捨離はスッキリが基本。

来年早々50代に突入します。

このブログのタイトルにもなっている「40代子なし専業主婦」でいられるのも、残りわずかとなりました。

現在、40代に特に未練はなく。

それよりも、これからはじまる50代にワクワク。

そのワクワクの理由を考えてみると。

40代にしてきた断捨離。

これが功を奏しているような気がします。

スポンサーリンク

心から楽しめることだけ

クローゼットをはじめ、家の中の物の断捨離は、みなさんよくされていると思います。

その方法は、断捨離の生みの親やましたひでこさんの本を読めば一目瞭然。

私も

をはじめ、家の中すべてを断捨離しました。

でも、50代を迎えるにあたって、それだけでは物足りず。

物だけではなく、気持ちがスッキリすることを目標に断捨離しました。

気持ちをスッキリさせるために。

心から楽しんでいることだけを残し。

心から楽しめないことを捨てました。

この評価の基準は、これからの人生がターゲット。

人生100年としたら、残り50年。

心から楽しめるかどうかが基準となります。

決して、その場その場を楽しむということではなく。

長い期間、心豊かに暮らすための楽しみ。

そのために、断捨離の前にするべきこと。

それは、衣食住を楽しむということ。

衣食住を楽しむことは、人が生きていくために必須。

となると、衣食住を楽しむことができないと。

人生のほとんどは楽しめないということ。

着るものも、人に褒められるためにおしゃれをするのではなく。

好きだから、着心地がいいから。

自分を中心に考えてチョイスする。

食べ物も、美味しいことはもちろん、健康であるためのチョイス。

住む家も、自分が心地よい空間のための場所。

そして、衣食住とつながりのある趣味を楽しむ。

それ以外は、断捨離。

評価しない友達だけ

もう1つ40代で断捨離したこと。

それは、気持ちがスッキリしない友達と会うこと。

気持ちがスッキリしない相手とは。

評価する人。

例えば、おしゃれを楽しむ。

それはいいんです。

でも、自分でおしゃれを楽しむこととは別に。

他人のおしゃれにあれこれ思う人。

何を着てもいいんですよ。

本人が幸せであれば。

化粧だって、してもしなくてもいいんですよ。

本人が幸せであれば。

他にも。

価値観。

ライフスタイル。

お金の使い方。

趣味。

家族との関わり方。

などなど。

どんな生き方をしようが、他人にとやかく言われる筋合いはありません。

本人が幸せだったらいいんです。

もちろん、犯罪や迷惑行為はダメです。

でもそうではなく、普通に生きていけているのであれば。

本人が幸せかどうかが基準。

どんなことでもそうですが。

他人の生活が気になって仕方のない人は、自分という軸がない人。

他人を見ることでしか自分を評価できないんです。

自分は自分、他人は他人。

女性は共感する生き物だなんてよく言われますが。

同じ女性というだけで、じゅうぶん共感できているわけですから。

それ以上の共感は必要ありません。

それよりも。

お互いを尊重しているからこそ、友達との会話は楽しいのです。

自分と違うからこそ、刺激的なのです。

なので、気持ちがスッキリしない。

いつも他人を評価する。

そんな友達は断捨離しました。

さいごに

人生折返し直前の40代。

この時期の断捨離が成功すると、今後50代以降の人生も楽しいものになるでしょう。

年取ることを楽しみながら、ワクワクしながら、生きたいものですね。


ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク