セックスレスになったとき、してたらよかったなと思うこと

少し前、

に書いたように、わが家は10年以上セックスレスでした。

まったくのゼロではなかったけれど、1ヶ月に1回からは程遠い状態。

離婚の理由として認められる範囲のセックスレスです。

 

今回もそのセックスレスについて書きたいと思うのですが。

今回はセックスレスになったときにしておけばよかったと思うこと。

そんなあれこれを書こうと思います。

スポンサーリンク

セックスについて夫婦できちんと話しをする

最初に。

やはり、夫婦できちんと話しをすればよかった。

そんな風に思います。

 

そもそも、セックスしているから良くて、セックスレスだから悪い。

そういうことではないと思うのです。

 

セックスしてても、夫婦仲が悪くて離婚する夫婦はいるでしょうし。

セックスレスでも、わが家のようになんとか離婚せずに仲良くできている夫婦もいます。

 

また、夫婦でセックスしてても浮気や不倫している人、たくさん知ってます。

セックスレスで浮気や不倫している方が、まだマシという考え方も。

 

あと、セックスしたいという気持ちは、性欲からくるもの。

その性欲の強さも、人それぞれ。

 

だから問題になるのは、夫婦間でセックスに対する気持ちにずれがある場合。

どちらかがしたいのに、どちらかはしたくない。

あるいは、したいのにできない場合などは病気の可能性もあるわけです。

 

私は子供が欲しくてできなかったとき、セックスに対する情熱がほぼなくなりました。

セックスすることを非常に虚しく感じていたんです。

だから、求められても嫌々というときが正直ありました。

夫はそんな私の気持ちを敏感に察知していたと思います。

 

夫は夫で、30代後半は仕事で色々ありました。

色々とあったからこそ、海外へ出たというのもありまして。

そのストレスは大変なものだったと思います。

 

でも、当時の私は

  • セックスレス→浮気→離婚

という図式しか頭に浮かばなかったのです。

セックスレスになった原因を考えようとはせず、ただひたすら、辛い気持ちでいっぱいでした。

 

だから、「何か悩みがあるの?」と思いやりを持って聞くことができたらよかったのにと思うのです。

そして、何か理由があってセックスをする気持ちになれないのか、あるいは、私に原因があったのか。

きちんと話しをしてみればよかった。

気持ちのいいセックスは夫婦で作るもの

次に、もう少し、セックスに積極的になっていたらよかったということ。

 

当時は、子供を作るためだけのセックスになってしまってました。

愛情を感じるとか、気持ちいいとかは二の次という感じ。

 

だから、シンプルにお互いが気持ちよくなることだけを考えてセックスしていたらもっと違ったかもと思うのです。

そうしたら、もっと違うコミュニケーションがあって、夫の気持ちをもっと知ることができていたのではないかと。

 

女性の場合、セックスは男性にしてもらうものと思っている方、多いと思うのです。

私もそうでした。

だから、自分から誘ったりということは一切しなかったんですね。

 

でも、男性だって面倒な気持ちになりますよね。

たまには楽に癒やされたいと思う時だってあったと思います。

 

言葉はなくても、セックスで癒やしを、あるいは、コミュニケーションを取ることはいくらでもできただろうに。

 

そこで今更ですが、セックスレスも解消したことだし、夫まかせのセックスではなく、夫婦で気持ちよくなれるセックスを目指してみようかなと思っています。

勉強のために

という本を読みました。

 

女医が教える 本当に気持ちのいいセックスは、男性と女性どちらもが気持ちよくなるためのノウハウがぎっしり。

よくセックスには相性があるなんて聞きますが、これを読むと、相性ではなく、夫婦で協力しあうものなんだなと思えます。

内容は、女性の方が体の仕組みが複雑なので、男性が女性をどう扱うかが多めです。

 

この本に書かれていたことで、なるほどなーと思ったことがありまして。

それは、セックスって性的に興奮状態になることで始まる印象がありますが、実は、男性は心身ともにリラックスした状態の方が元気になりやすいのだとか。

夫婦として一緒にいる時間が長くなると、性的興奮がなかなか起こりにくいこともあるかと思います。

この対処法としては、性的な対象として見てもらえるような行動、例えばセクシーなネグリジェや下着を身につけるなどの方法がよく紹介されています。

でも、それとはまったく異なる方法として、女性はもちろんですが、男性もリラックスできるような環境づくりも重要なのだと感じました。

 

また、女医が教える 本当に気持ちのいいセックス 上級編は、セックスについて改めて考えさせられる内容でした。

セックスレスについても触れられていて、

思いきって相手とコミュニケーションを取った人の前にだけ、道は拓けます。

は本当にその通りだなと思いました。

私の場合は腎を強化する生薬の影響で突然強烈な性欲が出たことがきっかけでしたが(^_^;)

それでも、夫にお伺いすることがなければ、セックスレス解消にはなっていなかったと思います。

他には、

  • セックスレスを防ぐ誘い方、断り方

という項目もあります。

 

最後のチャプターでは熟年カップルのセックスについて書かれていまして、これはアラフィフの更年期世代はぜひぜひ知っておいた方が良いことだと思います。

 

この2冊の本を読んで、気持ちのいいセックスって、夫婦で作っていくものなんだなーと改めて思ったのでした。

セックスレスは不健康がもたらすことも

そして最後に、心身ともに健康な状態に保つこと。

これは本当に大切だなーと、いまさらながら実感しています。

セックスって心身ともに健康でないと、そもそもする気が起きないものなのですよね。

 

少し前から漢方の生薬を煎じて飲んでいるのですが、その処方をしてくれた方に言われたこと。

それは、中医学で言うところの肝と腎の弱い人は、不妊になりやすい、と。

私は腎が弱いと言われました。

そして、しばらくその腎を立て直す生薬を煎じて飲んでいたら、急に性欲が出てきたのです。

それを話すと、「あなたの年だったら女性でも性欲があるのが普通。今までまったくなかった方がおかしかったの。」と。

 

他にも、わかりやすいところで、ネットニュースでもあちこちで取り上げられていますが、男性で糖尿病の人はEDになる確率が高いという統計が出ています。

 

セックスレスになる理由は様々あるでしょうが、健康であることは必要最低条件なのだと思います。

さいごに

セックスレスであることを今まで誰にも話したことはありませんでした。

それが特別悪いことだとも思っていなかったし、セックスレスでも仲良く夫婦できていたから、問題と思っていなかったのです。

たぶん、親友が夫婦になったような感じだったので、家族愛の方が大きかったのだと思います。

でも、セックスレスが解消されてみると、男と女に戻ったのか、昔の恋人同士だったときの気持ちがよみがえって、いい年をしてドキドキしてしまったり(〃∇〃)

これはこれでいいものだと思っています。

ただ、もう少し遅かったら、セックスレス解消は難しかったかも。

今後どれくらいの間セックスが楽しめるのかはわかりませんが、できるだけ長く楽しめるよう、あれこれ努力していければと思っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. ミルク より:

    こんにちは。30代半ばの主婦です。
    不妊治療の末一児を授かりましたが、あまりにも主様のブログに共感してしまいコメントしました。
    昔、親戚や友人に子供が産まれたら必ず祝福しなくてはいけない事が苦しかったです。妊娠したら変わるのかしらと思っていましたが、益々不要に感じてきています。親戚に子供ができたら皆でお祝い‥って、それいります?人は人、自分は自分では駄目ですか?現在は子供の有無だけでなく性的思考や仕事に対する考え方など、多様性が認められなくてはいけない時代です。そんな時代に価値観が違う人同士が無理に混ざりあう必要はあるのでしょうか。
    子供ができたらお付き合いが増えてしんどいです。これが子供が巣立つまで続くと思うと、精神的にどうにかなりそうです。
    ちなみに‥今は老後世界中を旅行する事を目標に共働きで頑張っています。