子なし夫婦のセックスレスからレス解消までの長い道のり

タイトルにあるように、今回のテーマはセックスレスです。

一般で語られるような内容ではなく、夫に許可ももらった上で、私自身の経験を書きます。

そのため、こういった内容に興味のない方、また、不快な気持ちになりそうな方はスルーの方向でお願いします。

スポンサーリンク

子なし夫婦がセックスレスになるとき

結婚したのはもう20年以上も前のことですが、結婚してすぐの頃は恋人同士だった頃と変わらずセックスを楽しんでいたと思います。

気持ちがいいということに加えて、求められることは愛されている証とも思っていました。

様子が変わってきたのは卵巣のう腫の手術をしてからでしょうか。

当時は腹腔鏡はなかったので開腹術。

開腹術はとても体力を消耗します。

そのため、アラサーと言えども元の様に元気になるまでには、それなりの時間がかかったように記憶しています。

また、卵巣のう腫になったときは痛みがあったため、セックスをするのが怖くもなりはじめていました。

それでも、術後は不妊治療をすすめられ、子供を作るために努力をしました。

なのに、また卵巣の病気になってしまい、30代前半で、完全に自分の体に自信がなくなってしまいました。

そして、一度子作りのためにセックスするようになると、以前のように気持ちが盛り上がりません。

盛り上がらないうえに、最中に「子供できますように!」なんて考えていましたから、今思えば、夫も大変だったろうなと思います。

さらに長い間子供ができないと、どうせ子供できないんだからという気持ちが先に立ってしまうのです。

セックスって無意味、と。

そして30代後半からほぼほぼセックスレスになってしまいました。

子なし主婦がセックスレスで悩むとき

セックスって無意味と思いつつ、セックスレスになると、それはそれでとても悩みました。

子供もいなくて、セックスもなくて、なんのために夫婦でいるんだろう、と。

夫は他に好きな女性がいるんじゃないだろうか。

夫が他に好きな人ができたら、離婚になるのかな。

一人になったらどうしよう。

そんなに悩むのなら、こちらから誘えばいいと思うのですがそれはできないのです。

何度も何度も言おうと思ったのですが、勇気がでない。

離婚という言葉がチラチラしつつ、もんもんとした日々を送っていました。

ところが、セックスレスが長いのに、夫に離婚したいという素振りはまったくありません。

「あ、この人は離婚する気はないんだな」、「夫はセックスなしでも夫婦としてやっていける人なんだな」と思えるようになりました。

そして、セックスレスが気にならなくなったのです。

でも、そんな風に思えるようになるまでは、セックスレスでとても辛い気持ちを持っていました。

子なし主婦のセックスレスが解消されるとき

ところが、人生って色々なことが起こるものだなーと思います。

以前からこのブログでは、45歳を過ぎたあたりで体調がガクンと悪くなったと書いてきました。

その後、自分なりに健康になれるよう努力し、最近はすっかり体調も良いのですが、最後に残った悩みは、顔の火照り。

おそらく冷え性からきているのだと思うのですが、冷え性を治すのってなかなか難しい。

そんなとき、薬膳の勉強をされている方からコメントをいただき、そうだ、東洋医学を試してみるのはどうだろう、と思いはじめたのです。

そこで、まずは生薬を処方してくれるお店を探すことにしました。

なんとか英語を話してくれる生薬のお店を見つけ、症状を説明して、日本の漢方のように錠剤になっているタイプを買って飲みはじめました。

お店の人は、「すぐに効果でるよ」というのですが、あまり期待せずに飲みはじめると、本当にあっという間に顔色が良くなり、話していなかったお腹が緩い症状も一気に改善。

1週間飲み続けたら、底力がついたような気になりました。

次に煎じたものを試したくなり、カウンセリングを申し込みました。

カウンセリングの内容は、体質の見極めにはじまり、どの症状を良くしたいのかを話し合います。

そのため、生まれたときからの病歴や症状など、子どもが欲しかったけれどできなかったことも含め、かなり細かく話しました。

すると「あと5年早く来ていたら子どもできたかもねー」と。

というのも、錠剤を飲んで一気に顔色が良くなったのを見て、「不妊の人は腎虚(腎臓の機能低下)の人が多い」と言うのです。

「難しいかもしれないけど、今からでも子ども欲しかったら処方するけど?」と言われてしまいました。

そのお店でどれだけ実績があるのかはわからないので、話半分くらいに聞いていましたが、それでもかなり動揺しました。

でも、今子どもが欲しいとは思っていないので、その旨は伝え、下痢体質を治すことを中心に、顔の火照りも治るなら、とお願いしました。

それでは、まずは脾(胃腸)の機能を上げることを中心に元気になれるようにしましょうということになり、いくつもある生薬を買って帰りました。

そして、処方してもらった生薬を買って飲みはじめると、お肉などの消化の悪いものを食べると胃もたれすることが多かったのが解消し、お腹が緩かったのもまったくなくなりました。

また、夜になると、黒色と紺色の靴下を見分けるのが困難だったのか、突然はっきりと見えるようになったり。

左耳の聴き取りが悪くなったように感じていたのが改善したり。

他には、体のラインが急に女性らしくなったような気もしていました。

あまりに調子が良いので、気分もウキウキしはじめたのです。

そんなウキウキ気分のある日、とある男性から「メッセージを交換しませんか?」と言われました。

相手は私が結婚していることを知っているし、話しをしていても楽しかったので、気軽に「いいですよ」と言いました。

そして数日メッセージを交換していたら、突然、好きだと告白され、「恋人になってくれませんか?」と申し出があったのです。

恋人というと聞こえがいいですが、英語ではLoverだったのでセックスフレンドという意味が強いと思います。

そのLoverになってくれたら、こちらからは○○を提供できますよ、という感じです。

今までそんな申し出を受けたことがなかったので、正直すごーくびっくりしました。

でも、セックスレスが長かった私は、少し考えてしまったのです。

このままセックスしないで一生を終わるのはどうなんだろう、と。

同時に、薬膳に加え毎日生薬を煎じて飲んでいたので、体はどんどん元気になっていました。

生薬にはかなり強い滋養強壮も含まれていて、今まで経験したことのない性欲も感じはじめていたのです。

この性欲がもしかしたら男性を惹きつけたのかもしれません。

そしてある日、朝早く目が覚めて、もんもんとして眠れませんでした。

それほど強い性欲を感じたのです。

完全にコントロール不能状態。

でも、いい年をして、いまさら夫にセックスしたいというのも恥ずかしく、なんとかその性欲が収まってくれないものかと思っていました。

結局1時間ほど考え、今回の機会を逃したら最後かもしれないと、夫に打ち明けました。

するとすんなり受け入れてくれて、めでたくセックスレス解消の運びとなりました。

おまけに、今までセックスをまったく楽しめていなかったのに、今回はとても楽しむことができたのです。

子どもを作ることとはまったく関係なく、純粋に欲望のままだったからでしょうか。

気持ちも良かったし、とてもいいセックスだったと思えます。

精神的にもとても満たされた気がしました。

子なし主婦が夫以外の男性を好きになってしまったら

ところで、「恋人になってくれませんか?」と言われ、体だけの関係とわかっていながらも、ドキドキしてしまったのも事実です。

おまけに夫とはセックスレスだったので、「浮気しても文句言われないのでは?」と勝手なことを考えてしまったり。

でもよく考えたら、子供がいない夫婦のどちらかが浮気するというのは、不思議な感覚ですよね。

浮気するくらいなら、離婚すればいいわけで。

あるいは、離婚覚悟で浮気をすればいいんですよね。

でも、私は夫と離婚ということは想像ができませんでした。

理由は、夫と二人でのんびり暮らす老後というのをとても楽しみにしているから。

それに、夫を悲しませるようなことはしたくないという思いも強くありました。

そしてなによりも、夫との生活には未来があるけれど、体だけの関係の相手との間に未来はない。

そんな風に思うことができたとき、20年以上も子なし夫婦として一緒に乗り越えてきたあれこれは、しっかりと私の気持ちをつなぎとめてくれたのだなと思いました。

夫も他に好きな女性ができたとき、同じ様に思ってくれたらいいな、とも。

さいごに

セックスレス解消後、夫にセックスレスだった理由をきいてみました。

すると、30代後半は海外へ異動したばかりで確かにそれどころではなかったのだそう。

でも、40代前半は、私の母が病気になったためそれどころではなく。

40代後半は私が更年期っぽくなってそれどころではなく。

つまり、セックスレスのほとんどは私に原因があったとのこと。

そんなこととはつゆ知らず、大変申し訳ないことをしていたようです。

ただ密かに、夫に女性がいなかったとは言い切れないので、この辺りはなんともかんとも(^_^;)

でも、セックスレスだったときとレスでなかったときを比べてみると、すごく悩んだ時期はあったけれど、どちらが不幸でどちらが幸福ということはなかったように思います。

それよりも私の場合は子供ができなかったことが頭からなかなか抜けなかったのは事実で、セックスを楽しむことができていませんでした。

だからこそ、完全に気にならなくなった今、セックスレスが解消されてよかったのかもとは思います。

今後は、これから年を取っていくと自然と性欲は減るでしょうし、夫の仕事も忙しいので、お互いの気持ちに余裕のあるときに楽しんでいければいいな、と思っています。

そうそう、セックスレスが解消されてすぐに恋人の申し出はお断りしました。

浮気しなくて本当に良かった~。

でも、本当に危なかった~。

生薬、恐るべし(^_^;)

スポンサーリンク