子なし主婦の気持ちがどーんと落ち込んだら

スポンサーリンク

元気になるためのきっかけ作り

以前から、書かなければと思いつつ、書いていなかったことがあります。

それは、子供のいない女性の気持ちが、ぐっと落ち込んで、その状態が長く続くときにどうしたらいいのか、ということです。

私から一番のおススメは、

  • 臨床心理士さんによる心理カウンセリングを受ける

ということです。

この、

  • 臨床心理士さん

というところが大きなポイントです。

日本の心理カウンセラーには色々な種類がありまして、

正直、それぞれの特徴を把握しきれません。

本来、臨床心理士さんは、病院の心療内科などで仕事ができる人たちなので、病院へ行けば心理カウンセリングを受けることができますが、

  • 病院へ行くほどなのかどうかもわからない

という場合に、臨床心理さんが

  • 心理カウンセリング

を実施してくれるのです。

例えばですが、

  • 気持ちの落ち込みの原因がうつ病だった

という場合も、臨床心理士さんの心理カウンセリングであれば、うつ病かどうかの切り分けが可能ですから、いざというときに安心です。

なぜ、こんなことを書くのかといいますと、このブログには書いてこなかったことですが、私は

  • 両親との関係

に悩んでいたことがあります。

かれこれ15年ほど前のことです。

当時、病院の心療内科や精神科へ行ったのですが、私が病気なわけではないので、診察してもらえませんでした。

他にも、あちこち親子関係を相談する所を探したのですが、見つからず。

結局、行き着いたところは、臨床心理士さんが実施している心理カウンセリングでした。

どこにも、誰にも相談することができずに悩んでいたので、初回は私の感情が爆発して、

  • 泣きながら親との関係を訴える

という感じでした。

それだけでも、とても心が軽くなりました。

2回めのときは、もう少し冷静に話しができ、質問したかったことも聞けて、私の親との関係について納得することができました。

あんなに悩んでいたのに、話しのわかる人に2回話しを聞いてもらっただけで、

  • 自分の人生を前向きに進むことができるようなった

のです。

私は親との関係を誰にも相談できずに悩んでいましたが、同様に、

  • 子供のいない女性も悩みを相談できる場所は少ない

と思います。

  • どうしても前向きな気持になれない
  • 気持ちの落ち込みが続く
  • 家に引きこもっていることが辛い
  • 一人でどうしたらいいのかわからない

などなど、有効に活用できると思います。

ただ、診察してもらうわけではないので、健康保険が使えません。

そのため、決して安くはありませんので、そこだけ注意が必要です。

臨床心理士さんが開いている心理カウンセリングの場所は、

で探すことができます。

スポンサーリンク