子なし主婦の立つ舞台は

☆お知らせここから

コメント欄をオープンし、早速コメントをいただきました。

また、メールでもブログの感想をいただきました。

いつもありがたーく読ませていただいております。

感謝感謝です。

☆お知らせここまで

他人と自分を比較することって、誰にでもあることですが。

最近、その比較する対象を間違えると、人生迷走しがちかもしれないなーと思うのです。

スポンサーリンク

立つ舞台はどこか

どういうことかというと。

例えば、私はもうすぐ50代に突入というお年頃。

同年代の方の肌を見ると、自分の肌と比較することがあります。

そして大抵は、自分の方が老化が進んでいる現実を知り、ガックリすることの方が多いです。

でも、若い世代の方、例えば20代、30代の方の肌を見て、自分の肌を比較することはありません。

もちろん、「若いな」「きれいだな」と思いますけどねー。

でもたまにですが、私と同世代の女性で20代、30代の方の肌と自分の肌を比べる人がいます。

そして「負けた!」とか、「羨ましい!」と言うのです。

ここで、その嫉妬心をバネにして、より美しさに磨きをかける。

それはありだと思います。

でも、本気で比較して自分が劣っていると思っているとしたら。

それはちょっとしんどいなー、と思うのです。

だって、今40代の人も、20代の頃は肌はピチピチしていたわけです。

それから20年も経過して、同じ肌の状態を保っている方がおかしいと思いませんか。

客観的に、20代と40代では、そもそも立っている舞台が違うのです。

子ありと子なしは同じ舞台に立てるのか

肌のことでは客観的に、20代と40代では違う舞台に立っているという認識はありますが。

果たして、子なしさんと子ありさんは同じ舞台に立っているのだろうか。

そんな疑問がわきました。

思うに。

おそらく子どもが欲しいと願っているときの子なしさんは、子ありさんと同じ舞台に立っているのですよね。

だから、子ありさんを見ると「羨ましい!」と思っていたのだと思うのです。

また、同じ舞台に立っているからこそ、楽しそうに歩いている子連れ家族を見ると、自分と比較して気持ちが落ち込んでいたのではないかと。

反対に、子ありさんはどうなんでしょうか。

子ありになったことはないので気持ちはわかりませんが、これは人に寄りそうですね。

同じ舞台に立っている人と、立っていない人。

人それぞれ。

子どもが欲しいと願ったことのない子なしさんはどうでしょうか。

勝手な想像ですが、おそらく子どもが欲しいと願っている子なしさんとも、子ありさんとも、同じ舞台に立っていないのではないかと。

だから、子どもの有無は気にならない。

その代り、まったく違う舞台では、嫉妬したり焦ったりしているのかもしれませんね。

ちなみに私は、完全に子どもを欲しいと願う気持ちはなくなっています。

もうすぐ50歳になるので当然ですが、完全に子あり主婦舞台を降りたのだと思います。

子ありさんと自分を比較することは皆無。

今は子連れの家族を見ても全然平気だし、子どものいる主婦さんとも普通にお付き合いできています。

ライフスタイルや価値観という意味では、まだまだ子なしさんの方が話しが合いますが(笑)

それでも、とても心穏やかな毎日です。

辛いときは一度舞台を降りてみる

ということは、子なしさんが子ありさんの様子を見て辛いときは、一度、舞台を降りてみるといいのかもしれません。

そして、観客になるのもよし。

嫌だったら、観に行かなければいいわけです。

そして、続けたければ妊活は続けて。

その間にまわりを見渡したら、案外と楽しい舞台が別なところで、しかも身近にみつかるかもしれません。

そして、子どもができたときは、改めて子ありさんと同じ舞台に立てばいいのですから。

舞台は少なく小さい方が楽

また、長い人生の中で考えると、自分の立つ舞台は、小さく、少なくする方が生きるのは楽だと思います。

いろんな舞台に顔だししていると、比較はするし、されるし、辛いことは多くなりますよね。

いっその事、「一人舞台で頑張るぞ!」くらいの方がいいんです。

そうすれば、いつだって主役はれますから(笑)

また、どんな舞台にも主役と脇役、さらには裏方だっています。

自分がその舞台でどの立ち位置なのか、冷静に判断できるようになると、さらに生きるのは楽になりますね。

そのためには、色々な舞台を経験することも大切。

ちなみに、私は現在小さな小さな舞台が1つあります。

その舞台を大事に育てているところ。

だから、輝ける舞台が見つからないときは、自分で作るのもありです。

舞台を育てるのも楽しいものですよー。

スポンサーリンク