夫婦の足並み

45歳のとき、心身ともにガックリを経験。

今思えば、母が亡くなったことに加えて、ホルモンバランスの変化が原因だったとわかるのですが、当時は、急激に老化が進んだように感じたので、何がいけないのか考える日々。

食生活か悪いのか、運動の仕方が悪いのか、何が原因かわからないので、自分の症状について調べ、当てはまると、その症状を治すために何かを試すということの繰り返し。

そんな中、夫も私と同じようなことになる可能性を考えはじめました。

当時の夫は、私より暴飲暴食していた上に、運動もほとんどしていませんでした。

食事に関しては、健康的な食事に変えようとしても、文句こそ言わなかったけれど、どちらかというと渋々つきあうという感じ。

運動に関しても、私と同じジムへ通うようにすすめても、なかなか重い腰は上がらず。

健康診断の血液検査でコレステロール値がにょきにょき上がり、ようやくジムへ入会したのです。

でも、やはり渋々だったので、短時間でカロリーを大量に消費させようと激しい運動を繰り返していました。

ところが2016年末、夫は脱水症状で病院へ行くこととなりました。

大きな病気ではなかったことだけでもありがたいことですが、さらにありがたいことに、やっと夫が健康に気を使うことに目覚めてくれたのです。

私が本やテレビなどから得た健康情報に真剣に耳を傾けようになりましたし、運動も、自分の脈拍を見ながら、無理のない範囲でするようになりました。

健康になろう!という夫婦の足並みが揃ったのです。

そして夫の健康診断の結果ですが、悪玉のLDLコレステロール値のみ少しだけ正常値よりはみ出ていますが、それを除いては、あとはすべて正常値内\(^o^)/

中性脂肪に関しては、2017年は275という恐ろしい数字を叩きだしたのに対して、今回は87にまで落ちました。

低糖質な食事と、毎朝の散歩、週に3回のジム通いが効果あったのだと思います。

私はといいますと、喉風邪をひいて治ってすぐの健康診断だったので、尿検査に少しだけフラグが立ちましたが、それ以外はすべてクリアー。

以前、タンパク質不足が原因で低値となった血液検査の項目がいくつかあったのですが、それらもすべて正常値内に戻りました。

あと、思いもよらぬ効果が出ていまして、かれこれ10年以上腰痛持ちだったのですが、その腰痛がなくなりました。

タンパク質不足も影響していたと思いますが、以前、友達にギックリ腰はビタミンB12不足と言われたことがあり、カプセルのビタミンB郡のサプリメントを飲んでいました。

これを、半年ほど前にプロバイオティクスの液体タイプに変えたのです。

たぶん、このサプリが私の体に合っていたのだと思います。

  • Max B-ND TM(アメリカのアマゾンへ飛びます)

庭仕事をしても、犬を抱っこしても、何をしても腰が痛くなりません。

これには本当にビックリです。

あとは、腸内環境を整えるために新ビオフェルミンS錠を飲んだり、低FODMAP食にしたりということはありますが、腸の強化に関しては長くなるので、また別の機会に書こうと思います。

というわけで、夫婦一丸となって健康になろうと思えたおかげで、なんとか、健康診断の血液検査の結果はふたりともほぼ異常なしになりました。

あとは、この状態を少しでも長く維持することだけを考えて、毎日楽しく過ごしていければと思っています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク