眠れない夜をなくすためにしたこと

夜、眠れないことありますか?

仕事をしていたときは、仕事のことを考えて眠れなかったり。

専業主婦になってからも、寝付きが悪かったり、夜中にパッチリと目が覚めたり。

ずーっと、そんな感じでした。

ところがここ半年ほど、眠れないことがほぼなくなりました。

はっきりとした理由はわかりませんが、考えられるのは、

  1. 規則正しい生活
  2. 枕を変えた
  3. 室温を一定にした

のような感じです。

最初の、「規則正しい生活」は、

  • 夜11時に寝て、朝7時に起きる

と決めて、実行しました。

フィットネスバンドのFitbit Charge 2は脈拍や睡眠時間を計測してくれるすぐれものですが、この時計には様々な機能があり、寝る時間を設定するとその30分前に時計を振動させて知らせてくれるのです。

寝る時間の設定を11時にしたので、10時半になるとブブッ!となります。

この規則正しい生活、はじめたばかりのころは全然ダメでした。

11時に寝室へ移動しても目はパッチリ。

いつも、眠りにつくまで1時間以上かかっていました。

それでも11時に寝るようにしていたら、次第に眠れるようになり、今では、眠くなってきたなと思ったら11時という感じです。

朝も、目覚ましなくても7時に目が覚めます。

2つめの「枕を変えた」というのは、硬めの枕に変えました。

昔から羽毛枕が好きだったのです。

ところが、ベットのマットレスを低反発素材のものを使うようになったら、柔らかめの枕がどうも合わないのです。

そこで、ものは試しと蕎麦枕に変えました。

これがうまくいったようで、枕に対して違和感がなくなりました。

3つ目の「室温」ですが、よく眠れる温度を探しました。

最初は、寝付きが悪かったり、夜中に目が覚めたときは、温度を上げたり下げたりしました。

そして、良く眠れた時だけ温度はそのままにします。

すると、よく眠れる室温が見つかります。

今のところ、冬は23度で、夏は26度です。

こんな感じで、眠れない夜を過ごすことはなくなりました。

中でも、規則正しい生活をするのが一番効果あるような気がしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク