ベトナムコーヒー

これはなんでしょう?

ステンレス製のコーヒーカップ?

分解すると、こんな感じに。

小さな穴がたくさんあいています。

答えは、ベトナムコーヒーを淹れるための道具です!

ベトナムコーヒーは、ベトナム風エスプレッソ。

下から、穴の空いたソーサー、穴の空いたカップ、穴の空いた中蓋、そして蓋です。

カップにコーヒーを入れ、中蓋でコーヒーを少し押します。

そして、お湯を入れてコーヒーを蒸し、蒸し終わったら、またお湯を追加します。

詳しい淹れ方は、

がわかりやすいです。

かれこれ10年以上前のことになりますが、英語の先生が「ベトナムコーヒー美味しいよー!」と教えてくれたのです。

飲んでみると、エスプレッソのように極細挽きで、独特な風味のコーヒー。

それ以来、すっかりベトナムコーヒーが大好きに!

ちなみに、アメリカにはベトナム系アメリカ人がたーくさんいます。

そのため、ベトナム料理のお店もたーくさん。

だから、案外と、気軽にベトナムコーヒーを飲むことができるのです。

10年以上経った現在、夫が転職し、仕事でちょくちょくベトナムへ行くようになりました。

ある日、帰りに空港をプラプラしていると、ベトナムコーヒーのセットが売られているのを発見。

「これはいい!」と、お土産に買ってきてくれたのです。

お土産はベトナムコーヒーの道具と、コーヒー豆がセットになっていました。

ベトナムコーヒーは、道具もベトナムコーヒー用のものを使いますが、コーヒー豆も独特。

コーヒー豆のパッケージ、ジャコウネコが印刷されています。

実は、ベトナムコーヒーといえばジャコウネココーヒーが有名なんですね~。

正式にはコピ・ルアクと呼ぶようですが、ベトナムではタヌキコーヒーとも呼ばれているようです。

このコピ・ルアク、ジャコウネコのお腹で発酵したコーヒーが使われるのですよ~。

つまり、ジャコウネコのう○こ💩から出てくるコーヒー豆。

「ぎょえー?!」ですよね(笑)

それに、「衛生的に大丈夫なの???」と心配になります。

一応、焙煎する時に菌は死ぬので大丈夫らしいのですが、いまだに疑いの眼。

でも、本物のジャコウネココーヒーは希少で、庶民が手を出せる値段ではないようです~。

以前、ジャマイカへ旅行したとき、本物のブルーマウンテンコーヒーをお土産に買って帰りましたが、それよりも全然高値で取り引きされているようです。

そのため、夫が買ってきたコーヒーは、ジャコウネココーヒーと同じ環境を作って人工的に発酵させたもの。

つまり、偽物😆

でも、味は、ジャコウネココーヒーに近いんですって。

ベトナムコーヒーの飲み方なんですが、エスプレッソのように液は少量しか抽出されないので、アイスラテのようにして飲みます。

ただし、コンデンスミルクを使います。

だから、すごーく甘い!

そのため、わが家では、砂糖なしのホットラテで飲んでます。

牛乳の脂肪分と、ベトナムコーヒーの独特の風味が合わさって、濃厚で、んまいのです~。

50年近く生きてきて、初めて知ったベトナムのジャコウネココーヒーの美味しさ。

ということは、世の中には、まだまだ未知な美味しいものがあるんでしょうね~。

これからも美味しいものと出会いたいので、健康で長生きしなきゃ!

なーんて思った、週末でした。

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

フォローする