妻が病気なので会社休みます

先週の水曜日、なんとなーく体に違和感があったのです。

なんだろうと思っていたら、翌日、全身筋肉痛のようになり、夜に発熱😓

それでも、いつもだと、発熱しても1晩寝ればケロっとしているんです。

だから、心配していなかったんですが、今回はちょっと違いました~。

熱が39度近くまで上がって、下がらないんです😱

解熱剤を使って、3日目にようやく微熱まで下がりました。

熱が下がってよかったーと思ったら、今度は咽頭炎との戦い。

喉の痛みと咳が止まらなくなり、発熱で弱っているところに、さらに体力を奪われ、呼吸が苦しくなってきたのです。

怖くなって、病院へ🏥

すぐに血中酸素濃度を測られ、なんと96%でした!

いつもは100%なので、どうりで苦しいはずです。

検査は、バクテリアとインフルエンザをしてもらって、結果、バクテリアが陽性でした。

日本語では溶連菌感染症と言うもののようで、子供の頃は急性咽頭炎と呼ばれていたような気がします。

抗生剤を処方してもらい、今日はやっとベッドから出れるようになりました✌

で、今回、ほぼ1週間寝込んでいたわけですが。

その間、今、メチャクチャ仕事が忙しい夫が、お世話してくれました。

高熱が出ていたときは汗を大量にかいていたので、私の世話をしつつ、洗濯して、ご飯作って、仕事をしての状態。

あんまり寝ていないなーとは思っていたけれど、夫のフィットネスバンドの睡眠時間をみてみたら、平均睡眠時間が4時間ほどになっていてびっくり!

申し訳ない気持ちとありがたい気持ちでいっぱいになりました😭

ところで、夫は看病をしている間、会社は休んだり、行ったとしても数時間で帰ってきてました。

これは「妻が病気だから家から仕事しまーす」とか、「妻が病気だから休みます」とかが通用するからできること。

過去、これで嫌な顔をされたり、注意されたりということは一切ありません。

それよりも、「奥さんは大切にしないとね」とか、「大事なことだ!」とか「当然のことだね」とかの反応がほとんどです。

それに、夫の仕事は成果型なので、看病のために有給休暇を使ったりということもありません。

あくまでも、自宅で仕事をしているという扱いです。

日本にも、アメリカにも、良いところ、悪いところ、それぞれたくさんあります。

でも、家族の看病のために会社休むことに関しては、寛容なアメリカ文化の方が好きだなーと思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク