シニアの大型犬と暮らす、準備色々

数年前まで、溺愛している犬の介護と、義母の介護が重なったらどうしよう。

そんなことを心配していました。

でも、大型犬の老化のスピードは想像していた以上に早く。

散歩の時間、寝る時間、動作に変化が出ています。

それに対し、義母はいまだ元気にあちこち遊び回っているので、しばらく介護の心配はなさそう。

そんなわけで、先に、犬の介護の準備をはじめることにしました!

まずはネットで調べてみると、参考になりそうなのは、こちらの2つ。

犬のケアも重要だけど、飼い主である私と夫の心構えも大事。

特に、心のケアはこちらが参考になりそうです。

これらの情報を踏まえ、先日久しぶりに会った友だちにも話しをききました。

彼女は大型犬を看取った経験者で、今までも何度か老犬の話題は出ていたのですが、今回は、かなーり詳しく話しをききました。

一番気になっていたことは、日本とアメリカでペットを看取るスタイルが違うということ。

どっちのスタイルを選べばいいのか、わからなかったのです。

でも、友だちの話しをきいて、心が決まりました。

結局は、シニア犬のために、その都度その都度、最善と思うことをするしかないんですよね。

この国はこうだからとか、人がこういったからとか、そういうことは一切関係ない!

自分なりに工夫して、自分なりの看取り方をするしかない。

というわけで、気分はスッキリ✌

今回、昔を思い出して、目をうるうるさせながら、話しをしてくれた友だちに感謝しつつ、私は、今後も、精一杯、シニア犬を大切にしていきたいと思います!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク