子なし主婦が聞かれる「お子さんは?」の質問に対する答え

結婚してから20年、大きな引っ越しは3回経験しました。

夫は転勤族なわけでもなく、特別な理由はないんだけれど、なぜかたいだい5年置きに引っ越し。

なので、現在住んでいる場所は、4か所目になります。

引っ越しには、新しい場所で新しい生活ができるという大きな楽しみがあります。

  • どんな町なのかな?

とか、

  • どんな気候なのかな?

とか、

  • どんな美味しいものがあるのかな?(実はこれが一番楽しみです(≧∇≦)/)

インターネットで情報を仕入れながら、訪れたことのない場所を想像するだけでわくわくします。

でも、楽しみな反面、人間関係がリセットされてしまうというデメリットもあります。

特に、子なし専業主婦の場合、ありがちな子供繋がりがないので、友達作りには毎回本当に苦労します。

スポンサーリンク

「お子さんは?」という質問

大抵の人は、出会ってすぐに

  • お子さんは?

と質問してきます。

この質問を言い換えると、

  • 何人子供がいて何歳なのか?

ということだと思うのです。

  • いないんですよー

と答えると、質問してきた人は大抵固まります。

日本人は誰でもおでんが好きかと思ったら、

  • 私、おでん嫌いなんです

って言われた感じでしょうか。

そして、次に何を話したらいいのやら、あたふた~(^_^;)

  • お子さんはいらっしゃるんですか?

と聞いてくれる人もいます。

これは、一見、「はい」か「いいえ」の選択肢を与えてくれているように聞こえます。

でも、「いいえ」と答えたあとに、そのまま話しが盛り上がった試しがありません(笑)

たぶん、初対面で子供の有無を聞いて来る人は、ママ友を探しているんでしょうね。

ママ友でない友達は、必要ないと思っているのかもしれません。

「お子さんは?」に対する答え

ところで、この「お子さんは?」に対する答えですが、私はいくつかのパターンに分けています。

初対面にもかかわらず、一番最初の質問が「お子さんは?」だった場合、

  • いませんヽ(`Д´)ノ

とだけ答えています。

我ながら冷たい答えだなと思うのですが、初対面でいきなりだと、ちょっと怒りも入ってしまって、こんな答えになってしまいます。

少し話しをしたあとに、「お子さんは?」と聞いてくれる人には、いくつかパターンがありますが、ここ数年使っているのは、こんな答えです。

  • いなんですよー。欲しかったけどできなかったんです。今は、犬二匹溺愛してます!

実は、この答えができるようになったのは、ここ数年です。

特に、

  • 欲しかったんですけどできなかったんです

は、不妊治療中でも、治療をしていなくても、完全に子供を諦めないと言えないセリフかなぁと思います。

ちなみに、私は40歳過ぎても言えず、45歳でやっと言えるようになりました。

ただ、この答えに対する反応はすごくよくて、

  • 完全に子供を諦めていることが伝わるので、余計な詮索がされない
  • 子供が嫌いではないと理解してもらえる
  • 相手がペット好きだと、ペットの話しで盛り上がれる

などの点でおすすめです。

ペットの部分は、

  • 今は、ハンドメイドにはまってます

とか、

  • 今は、筋トレに夢中で毎日スポーツクラブ通ってます

とかに変わることもあります。

女性は、子供の話題は共通な話のネタと思っている人も多いので、子供の話しができないと、やっぱり固まってしまうのですよね。

だから、子供以外の話のネタとして、今の自分の夢中になっているものや、毎日やっていることを最後に入れてあげると、話しが続く確率が高い気がします。

ただ、まだ、子供を諦めてない人にとっては、

  • 欲しかったんですけどできなかったんです

は使えません。

私も以前は、

  • いないんですよー。欲しいんですけどねー。今は、犬二匹溺愛してます!

と答えていたことがあるのです。

この答えは

  • 欲しいんですけどねー

に反応されることが多く。

夫に子供の作り方を指導しようとするおじさん。

まだ諦めないで!といいつつ、出産、子育ての大変さを語り出すおばさん。

犬で子育てシミュレーション中なんですね!と、わけのわからないことを言う女性もいました。

でも、こちらの状況が理解できるという意味では、相手も安心するようで、余計な詮索はされずに済むことが多かったです。

あまり、こちらの状況を話したくないときは、質問をすぐに返すことがあります。

何かの集まりであれば、

  • いないんですよー。もう、こちらは長いんですか?

のような感じです。

話の主導権を握るのが好きな人にはいいかもしれません。

最近の人間関係

そんな私の最近の人間関係ですが、今の町に住み始めて4年が経過しました。

子なしの人の中には、知人の子供の話しを聞くのが平気な人と、そうでない人がいると思います。

私は、長いこと、子供の話題は心が受け付けませんでした。

知人の子供の話しを聞くと、切ない気持ちになって、その後落ち込んでしまうのです。

あと、子育てのみに専念している専業主婦さんは、子育て以外に話題のない人もいて、そういう人とは、話していてもまったく面白くありません。

だから、情けない話しですが、子あり主婦からの誘いからは逃げまわってきました(^_^;)

現在は、趣味繋がりの友達が一人いるだけです。

ただ、その友達は子ありなので、今のところはなんとなかっていますが、今後、辛くなる可能性もなきにしもあらず。

それでも、友達がいなければ生きていけないわけではないので、マイペースで頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク