敏感肌を克服するためにしたこと

ちょっと嬉しいことがありました。

何かというと、肌の調子が良くなったきたのです!

私は、45歳になったあたりから、すごい乾燥肌と敏感肌で悩まされてきました。

それまで使っていた化粧品がすべて使えなくなり、行き着いたところは、ニベアのハンドクリーム。

その後、宇津木式のスキンケアを知ってからは白色ワセリンを使ったり、その他のブランドのハンドクリームを使ったりしていました。

そのため、眉毛と目と口紅は使うけれど、下地は一切使わない、すっぴん生活。

かれこれ4年ほどになります。

その4年の間に、肌の調子が良くなったと思う時がありまして。

そんなときは、以前使っていた化粧品を塗ってみたことがあります。

夜に塗って、朝起きると、見事にお肌がガサガサ_| ̄|○

ところが、先日、サンフランシスコへ旅行する前、化粧水とクリーム、それにファンデーションを使ってみたのです。

なんと、荒れたりせず、化粧水とクリームの効果でお肌がつるつるにヽ(=´▽`=)ノ

ファンデーションののりもすごく良かったです。

まだ100%ではないですが、敏感肌と乾燥肌が治ったような気がします。

ちなみに、お肌のためにやったことというのはまったくなく。

ただひたすら、栄養バランスの良い食事を心がけました。

あとは、いくつか本を読んでビタミンやミネラルの勉強をして、私に足りてないと思われるものを補給してきました。

食事から摂取できる栄養は、十分足りているという考え方もありますが。

野菜は昔と比べると栄養素が減っているので、足りていないという考え方もあります。

これは、その人の体質によるところが大きいと思います。

ただ、バランス良い食事をしても、胃腸が弱いと、そもそも栄養素を吸収できないのですよね。

私はすぐにお腹を壊してしまうので、栄養素を吸収できていなかったと思うのです。

つまり、栄養が足りていない方の人だと思います。

そこで、まずは腸を強くするために、ミヤリサンという酪酸菌の入った整腸剤を飲みはじめました。

ミヤリサンはなにか特別なものではなく、その辺の薬局に売られている、普通の整腸剤です。

私はアマゾンで買いました。

で、この整腸剤、日本人にとても良く合う菌なのだとか。

最大で1日9錠まで飲めるようですが、私は1日1錠。

あと、「肉食女子の肌は、なぜきれいなのか?」の中に書かれていたのは、腸の粘膜はタンパク質とビタミンAを材料としているのだとか。

そこで、プロテインはホエイパウダーを2日に1回くらい。

ビタミンAは錠剤を飲み込むのが大変なので液体のものを、1日2回。

これだけで、あんなに壊れやすかったお腹の調子が、かなり良くなりました。

その結果、少しずつお肌の調子も良くなっているのでは?と思っています。

長い間、胃腸が弱いことは体質だと思ってきたのですが、実は、そんなことなかったんですよね。

改めて、胃腸の調子を整えることは、身体のために大切なことなのだと思ったのでした。

いつもポチっとありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク